ケータイ初全部定額・新ウィルコム定額プランS特集



2010年12月3日、日本の移動体電話(ケータイ)史上に初の他社通話まで含めた音声完全定額サービスが登場しました。それが、ウィルコム定額プランSです。これはいったいどのようなサービスなのかについて、このページでは特集をしたいと思います。

  1. 新ウィルコム定額プランSの概要

  2. 新ウィルコム定額プランSの詳細

  3. 他社通話も定額!だれとでも定額

  4. 新ウィルコム定額プランSのパケット料金を他社と比較

  1. 新ウィルコム定額プランSの概要

    従来、ウィルコムはパケット定額も基本料無料でパックになった「新ウィルコム定額プラン」という料金プランをサービスしてきましたが、他社の低額基本料プランに比べると魅力に欠ける2900円と言う基本料金を学生向けに半額にするという期間限定サービスを行っていました。今回、その期間限定サービスが正式サービスとなり、月額1450円で通話無料・メール無料・パケット定額のすべてを包含したプランを実現しました。さらに、日本初となる他社通話まで定額のだれとでも定額オプションも同時にリリース。以下でその内容について解説していきます。


  2. 新ウィルコム定額プランSの詳細

    新ウィルコム定額プランSでは、音声とメールの定額に加え、基本料にパケット通信の定額基本料も含まれています。また、従来の他社のプラン等では、電話機・スマートフォン・PCに接続して利用した場合のデータ通信量がそれぞれ別計算になっていますが、これも合算して定額通信の対象になっています。

    このデータ通信に関しては、他社と同じで「使わなければ基本料だけ」「たくさん使った場合は上限の定額料」という二段階定額の方式になっていますが、他社の場合に必要になる「基本料」部分がすでに新定額プランの基本料に含まれています。ですので、新定額プランにさえ加入しておけば、パケットの使いすぎによる高額請求とは永久にお別れです。通話相手がウィルコムだけなら、メールもパケットもデータ通信も、いくら使っても4250円以上請求されることはありません。

    キャリア プラン プラン基本料 パケット定額
    基本料
    上限金額 最安値 対象外
    ケータイブラウザ フルブラウザ スマートフォン PC/PDA接続
    ウィルコム 新ウィルコム定額プランS 1450 0 0 0 0 0
    ドコモ パケホーダイダブル 980~ 390 4410 5985 5985 13650
    au ダブル定額スーパーライト 980~ 390 4410 5985 5985 13650
    ソフトバンク パケットし放題S 980~ 390 4410 5985 9800 対象外
    イーモバイル ケータイプラン+データ定額オプション 780~ 580 4980 4980 4980 4980
    イーモバイル データプラン 4980 0 0 0 0 0


    データ通信を上限まで使ったとしてもちょうど5000円、イーモバイルのデータ通信しかできないプランよりも安い価格で、データ通信使い放題に加え通話とメールの無料もついてくることになります。
    ※同じ1年間契約のプランにおいて

  3. 他社通話も定額!だれとでも定額
    そして新ウィルコム定額プランSの最大の特徴が、他社通話まで無料になる「だれとでも定額オプション」の存在です。実現は不可能だとだれもが思っていた、他社ケータイや固定電話やIP電話宛の通話がすべて無料になってしまうという恐ろしいオプションです。

    その詳細は次のとおりです。

    オプション料金 通話回数制限/月 通話時間制限/回
    980円 500回 600秒

    オプション料金980円で、月500回まで、一回10分までの通話が無料となります。月500回ですが、実際に500回も電話をするということがまずありえませんから、10分までの通話はすべて無料、と言ってしまっても良いくらいです。また、10分になる前に一度切れば、即座に電話しなおしても再び無料時間10分が始まりますので、実質いくらでも電話し放題。合計最大5000分、つまり83時間20分まで、毎月通話が無料になってしまうのです。

    通話相手先は、携帯電話、一般電話、IP電話。つまり、通常電話する相手としてはほぼすべてを網羅します。日常的なすべての電話が無料になると考えてください。そうなると、もう携帯電話の無料通話分は要りません。固定電話なんて使う必要もないですし、マイラインなんて何の意味もなくなります。IP電話で提携会社同士が無料だから、とか、IP電話と関連ケータイの間が通話無料になるから、などと言うような基準でIP電話やケータイを選ぶ必要もなくなります。自分からかける電話はすべてウィルコムからかければよいのです。ケータイや固定電話やプロバイダを電話料金のために選ぶ必要は全くなくなるのです。

    まさに仰天動地といえるこのだれとでも定額オプション。ウィルコムを使うなら、オプションセットしておいて損は無いと思いますよ。


  4. 新ウィルコム定額プランのパケット料金を他社と比較

    新ウィルコム定額プランについてくるパケット定額は、ただ基本料がパッケージされている、というだけではありません。その上限金額も他社より格段に安くなっています。次の表を見てください。
    キャリア プラン 基本料
    上限金額 最安値 対象外
    ケータイブラウザ フルブラウザ スマートフォン PC/PDA接続
    ウィルコム 新ウィルコム定額プラン 0 2800 2800 2800 2800
    ドコモ パケホーダイダブル 1029 4410 5985 対象外 13650
    bizホーダイダブル 1029 対象外 対象外 5985 対象外
    au ダブル定額ライト 1050 4410 5985 対象外 13,650
    ソフトバンク パケットし放題 1029 4410 5985 対象外 13650
    パケット定額フル 1029 対象外 対象外 5985 対象外
    イーモバイル データ定額オプション 1000 4980 4980 4980 4980

    基本料が0円がウィルコムだけなのは最初に紹介したとおりですが、上限金額についても、実は他社とはこれだけ違っています。まず、ケータイブラウザ、フルブラウザ、スマートフォン、PC接続という、携帯電話を使ったデータ通信の分類全てで定額料金が適用される完全定額プランが用意されているのはウィルコムとイーモバイルだけ。そして、ウィルコムの定額料金はイーモバイルより2000円以上も安いのです。

    確かにPHSなので通信速度は遅いですが、エリア率99.4%はイーモバイルをはるかにしのぎますし、料金も半額に近い安さですから、選ぶ価値は十分にあるといえます。また、それ以外の他社と比べても、料金の安さは一目瞭然でしょう。何より「どんな使い方をしても上限がちゃんと適用される」という安心感は代えがたいものがあります。

    そして何より、PHSだからこその最大の特長は、音の良さです。筆者自身、全ての携帯電話会社の端末を持っていて、場合により使い分けて使っていますが、音の質がまったく違うとはこのことを言うのでしょう。ケータイ最高音質を誇るPHSの音声通話がついてかつこの価格のパケット定額がパックになっている新ウィルコム定額プラン、ぜひ検討してみてください。



PHS-MOBILE.COM トップページに戻る