ケータイ初全部無料・新ウィルコム定額プランG特集



2010年3月12日、日本の移動体電話(ケータイ)史上に初の通信料完全無料サービスが登場しました。それが、新ウィルコム定額プランGです。これはいったいどのようなサービスなのかについて、このページでは特集をしたいと思います。

  1. 新ウィルコム定額プランGの概要

  2. 新ウィルコム定額プランGの詳細

  3. 新ウィルコム定額プランGのパケット料金を他社と比較

  1. 新ウィルコム定額プランGの概要

    従来、ウィルコムは「新ウィルコム定額プラン」という料金プランをサービスしてきましたが、あくまで「パケット定額オプションのパッケージ」でした。この新ウィルコム定額プランGではそれらをすべてまとめ、音声通話、メール送受信、パケット通信のすべてを完全無料としてワンパッケージにした、日本初にしていまだに唯一のプランです。以下でその内容について解説していきます。


  2. 新ウィルコム定額プランGの詳細

    新ウィルコム定額プランGでは、従来からひとつだった音声とメールの定額に加え、基本料にパケット通信の定額の上限額も含まれています。つまり、プランの基本料だけでパケット料金はそれ以上は一切かかりません。もちろん、従来のプランで定額通信の対象になっていた、ケータイサイト、PCサイト、そしてPC接続、すべてがこのパケット無料の対象となっています。

    音声通話相手がウィルコムだけなら、メールもパケットもデータ通信も、いくら使っても1450円以上請求されることはありません。Skypeを入れて音声もパケットにしてしまえば、たとえばSkypeの国内固定相手完全無料プラン(600円)を使うことで誰相手にどんなに通話をしても1450円以上かかることはありません。

    通信手段 基本料金 上限料金
    (基本料) 1450円 -
    070への通話 0円 0円
    ウィルコムミーティングへの通話 0円 0円
    メール送信 0円 0円
    メール受信 0円 0円
    メールチェック 0円 0円
    手書きチャット 0円 0円
    ケータイサイト閲覧 0円 0円
    フルブラウザサイト閲覧 0円 0円
    アプリ通信 0円 0円
    スマートフォンデータ通信 0円 0円
    PC接続データ通信 0円 0円


  3. 新ウィルコム定額プランGのデータ通信料金を他社と比較

    新ウィルコム定額プランGはそれだけで「データ通信の使い放題サービス」として使うことが出来ます。このため、イーモバイルのデータプランなどに対しても強力な競合となること請け合いです。
    キャリア プラン プラン基本料 パケット定額
    基本料
    上限金額 最安値 対象外
    ケータイブラウザ フルブラウザ スマートフォン PC/PDA接続
    ウィルコム 新ウィルコム定額プランG 1450 0 0 0 0 0
    ドコモ パケホーダイダブル 980~ 390 4410 5985 5985 13650
    au ダブル定額スーパーライト 980~ 390 4410 5985 5985 13650
    ソフトバンク パケットし放題S 980~ 390 4410 5985 9800 対象外
    イーモバイル ケータイプラン+データ定額オプション 780~ 580 4980 4980 4980 4980
    イーモバイル データプラン 4980 0 0 0 0 0

    基本料、料金ともに無料なのはウィルコムとイーモバイルのデータプランだけ、そして、その基本料は、ウィルコム1450円に対してイーモバイルは4980円で、3倍も違います。1500円以下でデータ通信が使い放題になる通信サービスは、ADSLなどを含めても日本では新ウィルコム定額プランGしかありません。

    確かにPHSなので通信速度は遅いですが、エリア率99.6%ですから、さほど高速性を必要としないのであれば選ぶ価値は十分にあるといえます。また、それ以外の他社と比べても、料金の安さは一目瞭然でしょう。何より「どんな使い方をしても無料」という安心感は代えがたいものがあります。

    そして何より、PHSだからこその最大の特長は、音の良さです。筆者自身、全ての携帯電話会社の端末を持っていて、場合により使い分けて使っていますが、音の質がまったく違うとはこのことを言うのでしょう。ケータイ最高音質を誇るPHSの音声通話がついてかつデータ通信も完全無料という新ウィルコム定額プランG、ぜひ検討してみてください。



PHS-MOBILE.COM トップページに戻る