ケータイ初全部定額・新ウィルコム定額プラン特集



2009年2月5日、日本の移動体電話(ケータイ)史上に初の通信料完全定額サービスが登場しました。それが、新ウィルコム定額プランです。これはいったいどのようなサービスなのかについて、このページでは特集をしたいと思います。

  1. 新ウィルコム定額プランの概要

  2. 新ウィルコム定額プランの詳細

  3. 新ウィルコム定額プランのパケット料金を他社と比較

  1. 新ウィルコム定額プランの概要

    従来、ウィルコムは「ウィルコム定額プラン」という料金プランをサービスしてきましたが、各種データ通信の料金の定額化の要望に合わせてオプションを順次リリースしたりしたために、オプション構成が非常に複雑になってしまっていました。この新ウィルコム定額プランではそれらをすべてまとめ、音声通話、メール送受信、パケット通信のすべてを定額料金としてワンパッケージにした、日本初にしていまだに唯一のプランです。以下でその内容について解説していきます。


  2. 新ウィルコム定額プランの詳細

    新ウィルコム定額プランでは、従来からひとつだった音声とメールの定額に加え、基本料にパケット通信の定額基本料も含まれています。また、従来のプランでは、電話機・スマートフォンで利用した場合とPCに接続して利用した場合のデータ通信量が別計算になっていましたが、これも合算して定額通信の対象になっています。

    このデータ通信に関しては、他社と同じで「使わなければ基本料だけ」「たくさん使った場合は上限の定額料」という二段階定額の方式になっていますが、他社の場合に必要になる「基本料」部分がすでに新定額プランの基本料に含まれています。ですので、新定額プランにさえ加入しておけば、パケットの使いすぎによる高額請求とは永久にお別れです。通話相手がウィルコムだけなら、メールもパケットもデータ通信も、いくら使っても5700円以上請求されることはありません。

    キャリア プラン プラン基本料 パケット定額
    基本料
    上限金額 最安値 対象外
    ケータイブラウザ フルブラウザ スマートフォン PC/PDA接続
    ウィルコム 新ウィルコム定額プラン 2200~ 0 0 0 0 0
    ドコモ パケホーダイダブル 980~ 390 4410 5985 5985 13650
    au ダブル定額スーパーライト 980~ 390 4410 5985 5985 13650
    ソフトバンク パケットし放題S 980~ 390 4410 5985 9800 対象外
    イーモバイル ケータイプラン+データ定額オプション 780~ 580 4980 4980 4980 4980
    イーモバイル データプラン 4980 0 0 0 0 0


    また、新ウィルコム定額プランでは、ウィルコム定額プラント同じく、複数回線による割引があります。適用対象となると、一律基本料が2200円になりますので、データ通信を上限まで使ったとしてもちょうど5000円、イーモバイルのデータ通信しかできないプランよりも安い価格で、データ通信使い放題に加え通話とメールの無料もついてくることになります。
    ※同じ1年間契約のプランにおいて

  3. 新ウィルコム定額プランのパケット料金を他社と比較

    新ウィルコム定額プランについてくるパケット定額は、ただ基本料がパッケージされている、というだけではありません。その上限金額も他社より格段に安くなっています。次の表を見てください。
    キャリア プラン 基本料
    上限金額 最安値 対象外
    ケータイブラウザ フルブラウザ スマートフォン PC/PDA接続
    ウィルコム 新ウィルコム定額プラン 0 2800 2800 2800 2800
    ドコモ パケホーダイダブル 1029 4410 5985 対象外 13650
    bizホーダイダブル 1029 対象外 対象外 5985 対象外
    au ダブル定額ライト 1050 4410 5985 対象外 13,650
    ソフトバンク パケットし放題 1029 4410 5985 対象外 13650
    パケット定額フル 1029 対象外 対象外 5985 対象外
    イーモバイル データ定額オプション 1000 4980 4980 4980 4980

    基本料が0円がウィルコムだけなのは最初に紹介したとおりですが、上限金額についても、実は他社とはこれだけ違っています。まず、ケータイブラウザ、フルブラウザ、スマートフォン、PC接続という、携帯電話を使ったデータ通信の分類全てで定額料金が適用される完全定額プランが用意されているのはウィルコムとイーモバイルだけ。そして、ウィルコムの定額料金はイーモバイルより2000円以上も安いのです。

    確かにPHSなので通信速度は遅いですが、エリア率99.4%はイーモバイルをはるかにしのぎますし、料金も半額に近い安さですから、選ぶ価値は十分にあるといえます。また、それ以外の他社と比べても、料金の安さは一目瞭然でしょう。何より「どんな使い方をしても上限がちゃんと適用される」という安心感は代えがたいものがあります。

    そして何より、PHSだからこその最大の特長は、音の良さです。筆者自身、全ての携帯電話会社の端末を持っていて、場合により使い分けて使っていますが、音の質がまったく違うとはこのことを言うのでしょう。ケータイ最高音質を誇るPHSの音声通話がついてかつこの価格のパケット定額がパックになっている新ウィルコム定額プラン、ぜひ検討してみてください。



PHS-MOBILE.COM トップページに戻る