びっとわーぷの画像圧縮機能を試す


1.はじめに

bitwarpPDA。びっとわーぷ。そのサービスで、当初から、実は、「画像を圧縮する機能があります」と言うことになっていました。いや、正確なところは、「画像が圧縮される場合があります」と言うニュアンス。つまり、ネットワークの混雑によっては画像を圧縮しちゃうよ、正しい画像を見られない可能性があるよ、と言う、so-netによる「お詫び」なんですが、いや逆に、モバイルでは正確な画像を見ることよりも、目的の情報へ素早く到達できることの方が重要だと私は思うわけですよ。つまり、画像を圧縮することで、少々画像の質を落としても、目的のページを素早く正しいレイアウトで表示し、目的の情報へ素早く到達できるようになる、とても便利な機能だと私は思うのです。しかし、びっとわーぷが始まってまもなく、どうもサーバの負荷が高くなったのか、圧縮サーバは止まってしまいました。これは実に残念です。が、先日偶然にも再稼働していることを発見して、試してみる機会を得たので、簡単なレポートとしてまとめてみようと言うのが今回のお話し。

2.結果

いや、いきなり結果なんて話なんですよ、これが。まぁ、経緯だけは伝えておきますか。実は、AirH”で「ある実験」(正確には「結果は分かっているけど公式に情報が出ていないので証拠画像取り」)をしようとしたとき、対照実験としてびっとわーぷを引っ張り出してきたら、あら不思議、何か変な結果が出ましたよ、ってことで、じゃぁレポートにでもまとめてみるか、と言うことになっただけなのです。まぁ、何をやったかっていうと、単に、画像読み込み系速度調査サイトに接続して速度を測っただけなんですが。で、まぁ、ぶっちゃけていうと「えらく速い速度がでちゃった」わけで、画像圧縮機能の復活に気づいたわけなんですね。と言うことで早速証拠画像。

びっとわーぷ画像圧縮効果

でました、235kbps。もともと、びっとわーぷ自体、速度は余り出ませんでしたし、りにゃざうで計測すると、読み込みのタイムラグなどでどうしても結果は50~60kbps止まりだったものが、235kbps。ざっと計算すると、最大で4~5倍程度のパフォーマンスが出ていることになります。しかも、それでも画像の劣化はほとんど無し。ただ、この速度計測用の画像が元々圧縮率が極めて低い、サイズの割には画像の情報量が少ないと言う「良い画像」だったのでこれだけ劣化が少なく良いスループットが出ているだけで、もっと一般的なサイトの良く圧縮されたjpgやgifでは、もうちょっと体感速度は遅めでもうちょっと画像の劣化も激しいかも知れません。ですが、それを差し引いても画像の圧縮の効果は大きい感じです。一般的なサイトを見ていても、やはり以前よりはサバサバと表示される感じ。しばらく意識的に画像の多いサイトを避けていたので(画像の多そうなサイトはまずは画像OFFで、とか)、しばらく気づかずにいたわけですが、これからは、びっとわーぷでもストレス無く画像を多用したページも見られそうですね。いやはや、もばいるにはびっとわーぷ、やっぱりお得ですよ。


えぇ、これで終わりです。落ちも無いです。はにゃん。

Special Thanks:
      BNR回線速度計測
      びっとわーぷ

戻る