H”とかAirH”とか言う呼び方について


◇まぁ今更こんな話を始めようってんだから、何か一ネタ仕込んでるんだろうな、というのが一般的な物書きに対する考え方なんでしょうが、私に対してはそんな常識は成り立たないと覚悟してください。ほんとになんのネタもなく漫然と書き始めています。え?とっくに気づいてたって?っていうかいつもそうだろ、って?。・・・はい、そうです(笑)。ということで今回はなんのひねりもなく、Dポのサービスの命名について考えたことをぼんやりと書きつづってみるというお話。

◇そもそものはじめは、DDIポケットという社名ですね。これ、どっちが先だかわからない、というか、同時なんだろうと思うんですけど、Dポ、サービスイン当初は、サービス名を「ポケット電話」としていて、そのためにDDIポケットという社名なんだろうな、と思うんですけど、この「ポケット電話」って、なにげに良い響きですよね(笑)。何となく、当時隆盛を誇っていたポケットベルを連想させる言葉って言うのも、逆にそれにあやかろうという意味合いもあったのかもしれません。いや、「ケータイ」なんてのよりも「ポケット電話」といった方が、なんだか柔らかい感じがして、いいですよね?(私だけ?)。実際に、普段の会話では私は自分の電話のことを「ケータイ」なんて呼んだことはなくて、基本的に「電話」(または下手すりゃ「ポケット電話」)としか呼びません。DDIポケットのことも、普段の会話では「ポケット」としか呼ばないですし、間違っても人に「どこのケータイ?」と聞かれて「エッジ」なんて言うことはないです。いや、正直、「ケータイ」も「エッジ」も、響きが恥ずかしいんですが(苦笑)。「ポケット電話」なんて呼んでいる方が恥ずかしいなんて言われたらそれまでですが(汗)。

◇しかしまぁ、このポケット電話っていう呼び方もすっかり廃れてしまって、もはやだれも使っていなかったりします。「どこの?」と聞かれて「ん、ポケット、DDIの」なんて答えると、さらりと「DDI・・・あぁ、エッジね」と返されたりして、なんだかなぁ、という気分になることもしばしば。これが普通なんでしょうけどね、私にとっちゃいまだに自分の電話は「ポケット電話」だったりします。

◇ただ一方、私の電話はポケット電話でありつつ、同じ電話でメールを使ったりコンテンツを利用したり、はたまたパソコンに繋いでネットしていたりするときは、不思議とそれをH”(エッジ)と意識していたりします。そう、私にとっては、H”って、データ通信のシンボルなんですよね。そういうわけで、「電話は?」と聞かれると「ポケット」と答え、「ネットは?」と聞かれると「エッジ」と答えたりと、変な使い分けをしていたりします。

◇さて、そのH”ですが、このH”という呼び名を冠するということは、結構重要な意味があるわけです。そのH”の条件とは、64kbpsの通信に対応、ツインウェーブ機能に対応、その他諸々というところなんですが、やっぱり最初の二つ、64kとツインウェーブがH”と呼ばれる端末のエッセンスともいえるものであろうと思われます。逆に言えば、その他の機能は結構省かれていてもこの二つに対応してさえいればH”と呼ばれるに十分であるということ。たとえば、一番わかりやすい例を挙げれば、安心だフォンbyH”。これは、発信3カ所限定電話のH”版、つまり上記2機能に対応した安心だフォンという訳です。安心だフォンである時点でいろんな機能を限定されているけれども、やはり重要な2機能にはしっかり対応しています。このことから、「H”対応の文字電話がでないかな~」と言った言い方もできていたりするわけです。

◇さてさて、そうなると、その他のH”派生の呼び名についても、基本的にH”の名をかたっている限り、これに当てはまるのは当然といえば当然だろうと考えるのが自然ですね。

◇たとえば、feelH”。これは当然のように64kとツインウェーブに対応していますし、さらにfeelH”の独自の仕様として、ダイバーシチアンテナの採用とトレバの対応などその他のマルチメディア機能の対応が盛り込まれています。RZ-J90をはじめとして最近のPS-C2までがfeelH”を名乗っています。

◇それから、H”(AirH”対応)(またはintelligent-H”)。これは、読んで字のごとく、AirH”に対応したH”端末を指しています。ただし、H”(AirH”対応)は、ただAirH”対応のH”ではなく、トレバの対応などのマルチメディア機能やライトメール・ライトEメールの対応なども義務(?)となっているようです。一方で、ダイバーシチアンテナは任意となっているようで、KX-HV200のシリーズはダイバーシチアンテナを持っていません。この辺が、おそらくfeelH”のAirH”対応版、ではなく、H”のAirH”対応版とわざわざ先祖帰りした呼び名となっていることの理由といえるでしょう。

◇さて、この辺で、話をちょっと転がしてみましょう。いや、というのがですね、H”を冠する端末・サービスの中に、例外が存在するんですよ。いやもう、この辺までくれば、だいたい話は見えているとは思いますが、それが、AirH”。

◇このAirH”、64kにこそほぼ全機種対応していますが(AH-G10が例外)、実は、ツインウェーブに対応していません。いや、ツインウェーブというのは音声通話時に高速ハンドオーバするための機能のことなので、実際は音声通話ができる機種に限定して言わせてもらっているんですが、N401C、この機械、音声通話時にツインウェーブが働かないとカタログにしっかり明記してあります。そうなんですね、H”名を持つ端末であるにも関わらずツインウェーブに対応していないものが存在してしまっているんです。このことからも、どうやらAirH”そのものが、ツインウェーブの対応は任意であるとされているのではないかと思われるんです。つまり、AirH”は、H”ではないんです。H”にAirが付いたものではなく、AirHに”が付いたものなんです(意味不明)。

◇んで、なぜにAirH”ではツインウェーブが任意となっているのか、について考えてみるわけですが、まぁ、もっとも簡単な理由として、AirH”そのものが音声通話に使われることを前提としていないからではないかと思うわけです。単純ですね。音声通話に使うわけでもないものに対して、音声通話のための機能であるツインウェーブへの対応を義務化しても、単に開発への制約を増やすだけで、まさに百害あって一利なし、というわけです。

◇そして、もう一つ、技術的な理由があります。たとえば、いくらデータ通信だけとはいえ、やっぱりハンドオーバがスムーズな方がいいんだから、ツインウェーブがあってもいいじゃない、と言われるわけですよ。こうなると、なるほど納得、なわけですが、実は、AirH”には、ツインウェーブに対応できない理由があります。AirH”の仕組みそのものに関わってくることなんですが、AirH”のパケット、制御スロットを使いますよね。ところが、ツインウェーブを使うためには制御スロットをやはり使う必要があるんです。しかし、制御スロットを通信に使いながら制御スロット(制御チャネル)の監視をするなんて言うことはできません(理屈上は出来なくはないです、アステルexe機のように無線機そのものを二台積んでしまえば・・・)。そういうわけで、AirH”としてパケット通信を行う限り、ツインウェーブは存在しても機能することはないんです。だったら省いちゃえ、と言う訳かどうだかはわかりませんが、この辺がツインウェーブへの対応を任意とした理由の一つではないかなーと思ってみたりします。

◇さて、AirH”の話で盛り上がってきて収拾がつかなくなってきたところですが、最後に、DDIポケットが最近新しく作り出してきた「AirH”PHONE」という呼び名について。これ、きっちりきっかり「H”」なんですよね。いやはや、不思議なことに。街の広告でも「あのAirH”にPHONEがついた!」みたいな感じで書いていますが、実際は、間違いなく、「AirH”」ではなく「AirH”PHONE」、つまり、AirH”にPHONEがついたのではなくH”PHONEにAirがついたものなんです(意味不明)。でも、H”そのものとも若干違っていたり(H”では必須のH”LINKに未対応だったり)して、やっぱりこれはこれで、H”でもAirH”でもない、新しい「AirH”PHONE」という訳なんですね。

◇んまぁ、Dポもとっとと「H”」をあちこちにつけるのを止めて、それぞれ新しい名前を考えてあげればいいのになぁ、と思ったりしているわけですが、やっぱり、1年を待たずに100万台を売り上げた「H”」の成功のイメージから離れることができないんでしょうね。H”の名前に込められたコンセプトの数々は、確かにDポの打ち出すサービスにぴったり合致しているとは思うんですが、それとともにやはりどうしてもつきまとう、「エッジ・・・?ピッチなんでしょ?」という、負のイメージ、私にはそれが思い浮かべられてしまうんです。「ピッチのくせにエッジなんて名前つけて、ダサ~」っていうイメージ。

◇そういうわけで、私は自分の電話を「エッジ」と呼ばずに未だ「ポケット電話」だと思っていたりします。私にとって、DポのH”は、やっぱり「電話」なんですよね。それは何度も言わせていただきますが、やはり携帯とは比べものにならない高品質な音声と安定性。これに尽きます。私が社会人にもなって未だに部屋に電話を引かないのも、やっぱりH”があるから。もし私が携帯ユーザだったら、迷わず部屋に電話を引いていただろうと思います。固定「電話」の代替としての「ポケット電話」。私はこれからもこのポケット電話を「電話」として使い続けていくだろうなぁと思いつつ、本コラムこれにて終わりとさせていただきます。



戻る