今回はとりあえず好き勝手要望を出してみよう


◇ということで、今回だけは実現可能性やDポの迷惑など全く省みずに、とりあえずこんなのができたらいいなぁ、というのを適当に列挙してみようと言う、いまいちつまらないコラムです(笑)。

◇まず、端末の話として、やっぱりHTML系互換のブラウザを搭載したものがほしいですね。もちろん、完全なHTMLセットを持っているようなものがもし作れればそれに越したことはありませんが、小さな画面にはやっぱりCHTMLが合っているでしょう。ブラウザの搭載の可否についてはいろいろと議論があるようですが、もし採算なんぞ度外視するなら、当然ないよりはあった方が良いと思います。なにより、世の中に星の数ほどあるiモード勝手サイトを自由に見ることができますから、情報量は事実上無限。また、これでパケットによるコンテンツつなぎ放題でも始めて、それと組み合わせれば、まさしくバッテリのつきぬ限り、いくらでも暇つぶし放題です。もちろん実用面でのメリットもあるでしょう。H”LINKの独自フォーマットを敬遠してこれまでコンテンツを提供してこなかった実用サイト(ネットバンキングや証券取引、オークションなど)が次々と対応する可能性もあります。位置情報による電車案内と周辺検索程度にしか使い道のなかったH”LINKの利便性が大きく前進しそうな気がします。

◇次に、料金の話。もちろん、採算度外視、なんて言うことを堂々と言っているわけですから、もっと安くしろ、と言いたいところですが、こればっかりは「タダ」になるまでイタチゴッコになることは目に見えていますから、それなりに現実的な案をいくつか上げてみたいところです。で、トップバッターは、通話先限定や、サービス限定料金コースを一般の端末でも使えるようにしてほしい、ということ。つまり、安心だフォンや文字電話ベツベツメールコースなどのことなんです。これらのコースは非常に料金が安くて取っつき易そうに感じるんですが、実は専用端末が必要なためかなり不便です。つまりこれらのコースについて、専用端末によって端末側で発信規制するのではなく、ネットワーク側で発信規制することでどんな端末でも使えるようにできれば、たとえば試しに使ってみたいエントリーユーザや、インターネットメール受信のために高性能のメール専用端末がほしいとかいうニーズを満たすことができますし、なにより、端末収集廃人たちに、コレクションに火を入れるチャンスを与えることができますね(笑)。

◇また、料金と言えば、複数回線割引についても、もう少し優遇されてもいいのではないかと思います。確かに、現在の「1回線当たり200円」というのは、昔の基本料が安かった時代には割引率としてはかなり高かった方だと思います。が、最近のようにかなり高額のパック料金や、つなぎ放題コースなどが出てくると、わずか200円の割引では、「家族もH”だから」という需要を掘り起こすには全く不十分です。やはりここは、割り合い引きが必要でしょう。1回線あたり○%というようなかたちで割引を行ってくれるといいですね。お得感(あくまで「感」ですが)がぐっと引き立つような気がします。

◇一方、複数割引がパワーアップするのもいいのですが、従来なかったような複数回線コースもあったらいいかなぁ、なんて思います。その名も「ツインパック」。つまり、2回線分の基本料金と、両回線共通の無料通話料金がパックになったコースです。たとえば「ツインパックL」、二回線分の基本料金に3000円分の共通通話料込みで7000円とかはどうでしょう。年間契約も考えれば、約6000円弱で二回線持てます。実はお得度はそれほど高くないのですが、二回線共通で使える無料通話分というのはすごく便利ですよね(某キャリアでもやってますが)。夫婦などで持っていて、電話するときに「今月こっちが無料通話余ってるから明日はこっちからかけるよ」なんて言う確認もいらないわけですから、便利です。同じようにツインパックLLなんてのも考えられますよね、たとえば、13500円の基本料に1万円の通話料+2回線基本料という感じです。こんな割引コース作ってほしいなぁ。

◇とはいえ、いろいろな料金コースを造ると出てくる文句が「複雑でわかりにくい」というもの。特にDポは、メール周りの料金が非常に複雑です。料金コースによって無条件で無料になったり半額になったり、逆にオプションをつけないと利用できなかったり。確かに基本料金の大きなコースを優遇するのも必要だとは思いますが、もう少し簡潔に、一律300円でメール無料!とかの方がわかりやすくていいと思います。または、(ちょっと無茶を言いますが)年間契約するだけで無条件でメール割引(無料メール)がついてくるというのはどうでしょうか。もちろんこの場合年契必須のコースはどうする、という問題が出てくるわけですが、まぁこの辺は、年契必須をはずすなりなんなり対応のしようもあるでしょう。何か、メール周りをすっきりさせたいところです。せっかく、従来は追加料金なしで全種メールが使えるというのが売りだったんですから・・・。

◇さて次に多少技術的な部分も関わってくる要望としては、マルチリンクパケット通信をもっとフレキシブルに、というもの。すなわち、32kパケットを4つ束ねる128kだけでなく、二つ、三つを束ねたような通信方式もサポートしてほしいということです。これには二つの恩恵があります。まず一つは、高すぎる128kサービスのために32kで我慢していたり、32kならいらないや、と思っていたような人に門戸を開くことができます。たとえばオプションとして、オプション64なんてのを用意し、それを格安(500円程度)で提供できれば、128kにためらっていた人もそのオプションを試してみようという気になるかもしれませんし、32kという遅さで敬遠していた人もわずか500円の追加で64kまであるなら試してみようか、と思うかもしれません。また、もう一つの恩恵として、エリア端に住む、ぎりぎり1局としか通信できない人でも、64kまでならスピードを追い求めることができるということです。どうせ1局、よくて1局2チャネルによる64kしか手に入らないのに128kオプションは高いなぁ、と思っていた人、こういう人がとりあえず、見合った料金でそこで得られる最大速度を手にすることができるというのは大きな進歩と言えます。オプション96ももちろんそうなれば可能だとは思いますが、そこは割りとどうでもいいかなぁ、という気がしなくはなかったりします。

◇そして、パケットと言えばもう一つ、複数の回線を束ねる場合の方式を、マルチリンク方式からもう少しよいものに変えてほしいなぁ、と思います。マルチリンク方式は複数のベアラからのフレームが順番通りに届いていることが保証されている場合のみ最大効率が得られる方式で、言ってみれば、時事刻々環境の変わる無線通信には向かない方式のはずです。そうではなくて、とりあえず送れるものを送る、失敗したフレームは最優先して送り直すけれども、その間に他のベアラでは続くフレームの送信も開始する、というような、フレームの順番が入れ替わっても保証できるような方式がいいですね。もちろん、送信に失敗したフレームは、直前に成功したベアラ側へ割り付け直す、などといった処理を追加すれば、モデムにそれほど大きなバッファを持たなくてもかなり安定した通信ができるようになるでしょう。もちろんこう言った変更には端末側の改良も必須になりますから、少々面倒といえば面倒かもしれないのですが・・・。

◇ということで今回は、過去の「一言」などでも言及した要求点などをおおざっぱにまとめ上げてみました。なぜにこうやってわざわざ文章に残したかというと、一年ぐらいたってこのうちどのくらいが実現・または実現のめどが立っているか、個人的に楽しみというだけの話で、実はこれを読んでいるみなさんには全く持ってどーでもいー話だったりするわけですが・・・いいですよね、ここって確か、「私、暇?人のどーでもいーヨタ話を押しつけるコーナー」だったはずですから・・・あわわ、もの投げないで(笑)。




戻る