AirH”のインパクト~DDIポケットが選んだ道


◇とうとうAirH”のサービスがスタートしてから一年が経とうとしています。この一年間で、AirH”の存在は様々な人に知れ渡り、また、AirH”を導入した人も大勢出てきました。そして、なんと言っても、このAirH”だけで、減少の止まらなかったDDIポケット加入者数が再び上を向いた、と言うのがAirH”の存在感をよりいっそう際だたせます。このAirH”というサービス、なぜこれだけインパクトを世間に与えたのでしょうか?今回はそれを考えてみます。

◇AirH”以前にも、DDIポケットは様々なインパクトのある(であろう)サービスをリリースしてきました。たとえば、一昨年暮れのfeelH”は、それまでのPHSのイメージをがらりと変えてしまうものでした。何より、feelH”で初めてモバイルでの音楽配信が実現できたのです(私はfeelH”のインパクトと存在意義はここにあると今でも思っています)。これは、世間の注目を集めました。一時的には、ですが。その後わずか数ヶ月でfeelH”の与えたインパクトは消え失せ、相変わらずの加入者減少が続いていくことになりました。

◇その後、さらに大きなリリースもありました。それは、ケータイ史上初の完全無料のメールシステムです。これに関しては未だに追随者はいないようです。この無料メール、ライトメールは、確かにしばらくの間H”ユーザの注意を引くに十分なインパクトを持っていました。TVCMなどでもタダメールを盛んに宣伝していましたが、これを持ってしても、加入者減少傾向を止めることはできませんでした。

◇ところが、その後に出てきたのが、AirH”。これは、PHSでのデータ通信を定額制にしてしまおうという試みです。ところが、この定額制データ通信サービス、AirH”が初というわけではなく、限定地方アステルでもAirの定額が始まる前には同様のサービスが始まっていました。ところがふたを開けてみると、もっとも長い間インパクトを持ち続けたのはAirH”ですし、減少の止まらなかった加入者数を再び上向きに変化させたのも、他ならぬAirH”でした。

◇この差はいったい何処にあるのでしょうか。システム的な大改革という点では、音楽配信もそうでしたし、料金的な改革という意味ではライトメール無料化も十分なインパクトがあったはずです。ところが、結局のところはAirH”が最大のインパクトを持ちます。

◇この辺のところ、私が考えるに、DDIポケットの宣伝が、あまり一般のマスメディアに頼っていないところに原因があるのではないかと考えています。TVでDDIポケットのコマーシャルを見たことのある方、どのくらいいますか?見たことがあるとしても、どのくらいの頻度でしたか?週に一度もお目にかかれればいい方でしょう。ほとんどは、ネット上のニュースサイトなどでの紹介記事で、DDIポケットの新サービスは告知されています。で、一般的にネットニュースを読む人は、どんな人でしょう?いろんな場所への出張などが多く、ゆっくり新聞を読む暇もないビジネスマンが、ネットニュースを喫茶店でチェックしている姿、こんなのが思い浮かばないですか?そうなんです、上で挙げた三つの例の中で唯一、AirH”だけが、告知媒体とユーザ層が完全に一致したんです。

◇一方、メールがタダになって喜ぶヘビーなメールユーザが、PCに向かって、インターネットをチェックしている姿を思い浮かべることができますか?日常的なメールはすべてケータイのメールに頼り、情報もケータイの情報サービスで取り出す、そういう完全なケータイ依存の人物像が浮かんできますよね。こういう人をターゲットにするなら、TVCMは良いとして、たとえば電車の中吊り広告など、何気なく普段目にするものを告知媒体にしなければなりません。実際は、ライトメールの告知はほんの1ヶ月ほど、深夜のTVCMを週4~5回ほど流しただけでした。これでは誰も気づきません。

◇そうなんですね、AirH”は告知媒体と利用者層ががっちりとかみ合って、これだけ大きなインパクトを持つことができたんです。単に「モバイル初の全国つなぎ放題」とか、そういう「サービスの斬新さ」だけで持っていたわけではないんですよ。そのことが全国のモバイルユーザの目に入ったと言うことが一番大きいことなんです。

◇そして、そもそも、あらゆるモバイルユーザが持っていた不満、それは、モバイルでのインターネット接続料金は割高だ、と言うものです。まともにモバイルでインターネットをやっている人なら、月に2万3万は行っていたはずです。それがわずか5000円で繋ぎ放題ですから、モバイルユーザにとっては、それはもう雷を受けたような衝撃だったでしょう。

◇そして、この根底にある一つの事実は、DDIポケットが、こんなモバイルユーザの不満にしっかり目を向けていた、と言うことです。DDIポケットでは、AirH”がスタートするずっと前から、パケット通信と、128kbps通信について研究をしていました。もちろん、パケット方式にするなら、世間一般でおなじみのパケット課金にするのが、DDIポケットとしても効率的な料金回収方法であることは間違いありません。ネットワークの負荷と収入が自動的にバランスしてくれるわけですから。そのためか、当初、パケット導入の話が出てきたときも、「iモードの1/10くらいの単価でパケットサービスを提供する予定である」としていました。また、パケットのみの割高感を少しでも押さえるため、パケット課金よりも回線交換課金の方が安くなる場合はパケットから回線交換に自動的に切り替えるようなしくみも考えていたようです。ところが、そんなときに世間の声は「モバイルは高い」でした。これには二つの意味があり、一つは、「回線交換は割安だけど落ち着いてインターネットできない」、そしてもう一つは「パケットは時間を気にしなくて良いけど割高でいつの間にか課金がふくらんでいるためメールチェックくらいにしか使えない」と言うものです。両方のいいとこ取りを考えていたDポでしたが、両方の課金システムを持つと言うことは、潜在的に両方の問題を内包していると言うことでした。

◇そして、一挙にこの問題を解決する方法が見つかりました。それが「定額制」だったというわけです。時間も気にしない、データ量も気にしない、これはあらゆるモバイル通信に関する問題点を一気に飲み込みました。そして、パケット導入のおまけとして、「通信中の切断」という従来のモバイルの泣き所もあっさりと克服してしまったのです。これなら、通信時間が気になるPHSモバイルユーザも、通信量を気にして使えなかったパケット系モバイルユーザも、注目すること間違い無しです。つまり、DDIポケットは、データ通信、と言うものを考えたとき、世間の人はまず何に不満を持っているかを考え、そして開発中の新システムを有効利用することでその不満を解消する、と言うことをやってのけたわけです。言ってみれば、AirH”のリリースは、DDIポケットがソリューションプロバイダとしてデビューした記念すべき瞬間だったわけです。

◇こう考えると、前述の告知媒体問題と相まって、そのサービスが「ソリューション」となりうるか?、これが、インパクトを持てるかどうかの分かれ目だったといえるでしょう。現在、通信キャリアでソリューションを提供するサービスは(法人向けサービスは別にすれば)ほぼ無いと言っても過言ではありません。「問題があってそれを解決する」と言う構図は、私の知る限り、AirH”以外に例が見あたりません。ほとんどは、「こんな新サービスを作ったから使ってみてね」と言う(いわば押しつけの)サービスばかりです。言ってみれば無くても良いようなものばかりです。これは、DDIポケットが始めた音楽配信も同じです。音楽配信(ひいてはfeelH”)が失敗した理由はここにあると考えます。

◇そういうわけで、非常に多くの人々に支持されたAirH”、その正体は、実は、従来のモバイルコンピューティングの不満点を一気に解決する、いわゆる「ソリューションとなりうるサービス」だったわけですね。そして、DDIポケットは今でも、AirH”とモバイルコンピューティングに関するサービスの幅を広げ続けています。これまでは「ある程度のモバイルユーザへのソリューション」として喝采を浴びてきたAirH”、今後さらなるパワーアップで「あらゆるモバイルユーザにとってのソリューション」へと発展して行くことでしょう。




戻る