DDIポケットはお勧めしません!


◇いきなりなタイトルで、あ、暇?人の野郎、ついに気がふれたか、とお思いになった方も多いかもしれないので、とりあえず早めに説明。今回は、DDIポケットに過度に期待するユーザをたしなめるためのお話です。本当にお勧めしないわけじゃないですよ(笑)。

◇と言うわけで、このコラムを読んでくれている方は、結構なDポフリークだと言う方も多く、また、身近でいろんな人を洗脳・・・じゃなくて、勧誘しているような方も多いようです。しかし、確かにそれでユーザが増えるのは良いのですが、誇大広告を広げて勧誘されてはみたが、Dポを使ってみるとたいしたことなかった、と、かえってDポの評価を落としてしまう人もいないとも限りません。と言うことで、今回は、これから新たなDポユーザを勧誘する上で、「こんな場合はお勧めできないよ」と言うのをまとめてみましょう、と言うお話になるのですが。

◇DDIポケットのH”は、もちろんPHSですから、PHSの例に漏れず、エリアは比較的狭いです。よく、「Dポならエリアも広いし・・・」と勧誘する姿(私もですが;笑)を見かけますが、これはあくまで他社PHSと比較して、という前提があることを忘れてはいけません。しかも、単純にエリアを比べるなら、ドコモPHSの方が広い場合も多々あります。ましてや、一般の携帯電話とエリアを比べてしまうと、その差は愕然とするほどあったりします。それなのに、「携帯並みのエリアはあるしね~」なんて勧誘してしまうと大変です。そんな勧誘に引き込まれて、Dポを持って、結構な田舎に行っちゃったりすると、割と簡単に圏外にぶつかることが出来ます。すると、その新H”ユーザは「なんだよ、こんなところで圏外なんて、やっぱ所詮ピッチだな、つかえねえよ」となります。せっかく勧誘したのに、むしろ、ネガティブキャンペーンの最初の種をまいてしまったことに。

◇はっきり言います。DDIポケットのエリアは、そんなに広くはないです。古いPHSのイメージを持っている人が思い描いているよりは多分広いとは思いますが、それでも、地方都市の郊外では意外なほど使えないこともあります。DDIポケットを快適に使えるのは、大都市近郊だけ、と割り切ってしまったほうが後腐れもありません。現在携帯を持っている人にH”を勧めるなら、「H”は音もきれいで結構つながりやすいけど、エリアは狭いから、今の携帯を待ち受け用に一番安い基本料で持ったままの方が良いよ」ぐらいの言い方で勧める程度にとどめておかなければなりません。そうすれば、発信用にH”を使ううちにいつのまにかH”オンリー的な使い方になってきて「考えてみれば携帯はいらないな」と思えばしめたもの。そういうわけで、エリアと言う面で見れば、はっきり言ってH”を強く勧める理由はまったくなく、エリアを気にする人にはH”はお勧めできません。

◇H”の利点としてよくあげられるところに、音が良い、と言うのがあります。確かに、本当に音は良いです。ですが、本当にそこまでの音質が必要なのでしょうか?はっきり言ってしまうと、電話としてケータイを利用している人のほとんどには、H”並みの音質は不要でしょう。これをまた、「H”は音が良いから話しててストレスもないよん」なんて勧誘しちゃうと大変です。実際に使ってみると、「なんだよ、音が良いなんつって、ハイパートークとかと全然変わらないし、はっきり言って後ろの騒音がうるさいよ」と、またまたネガティブキャンペーンの種となってしまいます。これは、せいぜい「方式が違うから、声にエコーがかかったり遅れたり、言葉が聞き取れなかったりはしないよ」でとどめておかねばなりません。もし、普段から携帯の遅延・エコー・声つぶれに悩まされている人(恐らくほとんどビジネスマンでしょう)なら、あれ、ちょっと試してみようかな、と言う気になるかもしれません。そうではなく、今の携帯の音質でも文句のない人に「音が良い」と執拗に宣伝しても無駄と言うもの。ですから、「音が良い」という部分については、H”はお勧めできません。

◇H”と言えば、今やモバイルコンピューティングの代名詞にもなりつつあります。「速い・切れない・安い」の三大メリットを持ち出して、しきりに勧誘する人もいるでしょう。しかし、これもどうかと思います。と言うのも、たとえば、家庭用電話回線ならADSLではるかに速く快適な環境を得ることが出来ます。速いし安いし、何より切れない。鳴り物入りで登場したAirH”ですが、いくら常時接続とはいえ、ADSLの約2倍の基本料金、ベストエフォート32kbpsという帯域の狭さ、目に見えない電波に左右されてしまうという脆さ、これらのことを考えれば、はっきり言ってとてもじゃないですがお勧めできる代物ではありません。確かに「モバイルである」という特長はありますが、実際のところ、この世の中に「モバイルであること」を必要としている人がどれほどいるでしょうか?これは疑問です。一方、AirH”ではなく、普通のH”、これでもデータ通信が出来ますが、こちらは時間課金、落ち着いてネットサーフィンをするようなものではありません。普通に生活している限り、はっきり言ってお世話になることはほとんどないかもしれません。このようなものを安易に人に勧めるわけには行きませんよね。

◇そんなわけですから、「これからインターネットも常時接続にしたいんだ」という人にAirH”をお勧めしてはいけません。普通にADSLを勧めましょう。でも、「もし余裕があるならこんなのもあるよ」と紹介してみるのは構わないとは思います。ただし、「遅い」ということをちゃんと言っておかなければなりません。「どうしてもモバイルで家と同じ環境を持ち出したいなら、AirH”にしても良いとは思うけど、そんなわけでもなければADSLの方が良いよ」と言うのが正しいお勧めの方法です。また、すでにバリバリのモバイラーだという人にも、「月の支払いがモバイルだけで5000円を超えるのが当たり前になってるなら、副回線としてAirって言う手もあるよ」程度でしょうね。一般のH”でのデータ通信を勧めるにしても、パケット課金でやっている人には「H”なら時間課金で割合安いから月の支払いの計画が立てやすいよ」程度、他社PHSなどを使っている人には「切れにくいのは確かだけどわざわざ乗り換える必要があるかは使い方次第かなぁ」とお茶を濁しちゃうのが吉です。そういうわけで、H”は、データ通信に関してもはそれほど無理にお勧めできるほどのものでもありません。

◇さて最後にもう一つ。それは安い、という盲信。H”は確かに、同じ一般電話にかけたときで比較すると携帯より安い場合が多いですが、これもまた場合によりけりで、特に160km以上の遠距離での通話が多い人は、H”より携帯の方が安くなることも。また、かける相手が携帯ばかりだと、結局携帯並みの料金を払うことになって、「エリア狭いけど安い」から「エリア狭いのにそんなに安くない」という評価に変わってしまいます。これではとてもイメージが悪いです。ですから、「H”は安いんでしょ?」と、安さで興味を持つ人には無理にお勧めしないほうが良いと思います。「うーん、安いとは言うけど、携帯相手には携帯と同じくらいかかっちゃうこともあるしね~、近距離の一般電話相手の通話が多いならかなり安くなるけど、そうじゃなければそんなに変わらないかもよ」というのが正しい説明。ですから、安さで無理矢理勧誘して、結局同じくらい料金がかかっちゃったりして、結局乗り換えるときに払った各種手数料の分が丸損だぁ、となると、それはすべてDポへのマイナスイメージとして跳ね返ってしまいます。ですから、安さでケータイを選ぶ人には、残念ながらH”はお勧めできません。

◇と、今回はいろんな角度から「H”をお勧めできない理由」を切り出してみました。これを見て、「うん、そうか、なら無理に誘う(乗り換える)必要はないな」と思ったなら、きっとそのままで十分なはずです。それを無理に誘う(乗り換える)ような真似をしてしまうと、結局お互い痛い目を見てしまうことにもなりかねません。要は、「本当に自分に必要なのはどこなのか」を、それぞれの視点できちんと見てほしいなぁ、というのが今回のコラムの主題なのでした。ちゃんちゃん。




戻る