Dポエリア考


◇PHSを使っている人の一部には、ちょっと不思議なことに楽しみを見いだす人がかなりいます。それは、「サービスエリア」。PHSはスモールセル方式の細かいエリア展開を行っているため、思わぬところが圏外だったり、逆に思わぬところがサービスエリアだったりと、なかなか千変万化です。こういった変化を楽しむ、と言うのもPHSユーザの醍醐味の一つかも。といいつつ、私もそれを楽しむ一人だったりして・・・(<=廃人への道)。

◇と言うことで、今回はDポのサービスエリアについて考えて見よー、と言うお話。PHSで現在サービスを行っているのは3社。その中でも、大セルに近い方式でエリア拡大を行うDポはやっぱり特異な存在。そのエリア展開の癖を見てみるというのもおつなものですよ。

◇さて、Dポのエリア展開の癖についてですが、まず、最初に断っておきます。東京では、この癖を見ることは絶対にできません。なぜなら、東京はほぼ完全にエリア化されてしまっているからです。もちろん、他の大都市圏も同様です。このエリア展開の癖を見るには、ある程度田舎、しかも、Dポのエリアの端があるような結構な田舎に行く必要があります。今回のお話は、そう言う前提ですので、結構地方色がつよくて一部地域では当てはまらないかもしれませんが、ご容赦を。

◇私が以前住んでいたのは、茨城県つくば市。学術研究都市として世界的に名を知られる街ではありますが、面積が無駄に広いため、Dポのエリア外の部分が結構あります。しかし、つくば市内で、絶対にエリア内である、と自信を持って言える部分があります。それは、学園東大通。つくば市の大動脈で、日本の道100選にも選ばれたこの道がエリア外である、と言うことは絶対ありません。さて、なぜにこんなに私は自信を持っているのでしょう?

◇答えは、Dポの癖の一つにあります。それは、「道を攻めろ!」です。Dポは、特に田舎では、道を攻めます。大きな幹線道路は確実に押さえます。たとえ人がほとんど住んでいなくても・・・。逆に、ある程度人がいるのに、幹線道路から少し離れていたばかりに圏外と言うところもあるようです。また、Dポが道沿いにエリア展開するとき、どの道に注力するか、という基準もありますが、これもある程度癖があります。1に名道、2に国道、以下は人口密度により、という感じです。たとえば、同じ程度の道があったとして、片方が「○○街道」なんて言う名前付き、もう片方は無名の国道だったとすると、前者をまず優先するようです。

◇そして、同じ地域に二つ道があれば、まず国道を優先します。これは、私の実家のある地域で経験済み。というのは、私の実家、かろうじてエリア内なのですが、それもこれも、たまたま2kmほど先に国道が通っていたからです。しかし、その国道、その辺りで二つに分かれる(正確には町道のバイパスが分岐する)のですが、2車線完全舗装済み(で私の家に向かっている)の町道はエリア化せず、対向車とのすれ違いさえ厳しいような細い国道はエリア化されています。明らかにおかしいのですが、実際にあんな田舎に何度も実地調査に来るのも無理な話、地図の上では同じ太さの道を見て、とりあえず国道の方を、とエリア化したのでしょう。ちなみに、ドコモPHSは町道の方にエリアを延ばしています。おかげで私の実家は余裕でエリア内なのですが。

◇さて、それから、もう一つ癖があります。それは、「行政の中心をねらえ!」です。これは、人口カバー率マジックにも関係してくる話で、簡単に言うと、ある自治体の行政の中心(役所)をエリア化すれば、その自治体の全人口をカバーしたことにする、と言う人口カバー率の計算があるため、とりあえず役所付近を、と言う感じでエリア化することがよく見受けられます。

◇さて、では、多少実例を挙げてみましょう。例によってつくば市の話。東大通、これは確かに名道。もちろんエリアです。南は水戸街道と交差し、そのためかそのさらに南まで大きくエリアが広がっています。一方、北はというと、東大通の先で圏外となってしまう場所があります(注:昔の話、今はエリアになりました)。その場所は、学園西大通と交差し、事実上東大通とは言えなくなったところ、ちょうどその辺りに「学園都市北端」を表す怪しいモニュメント。そう、東大通が東大通と呼べなくなったとたんにエリアが途絶えてしまっているのです。ところで、先ほども注を付けましたが、今はエリアです。なぜかというと、その北端に国道125号線があり、土浦市側からその道が一気にエリア化されたため、引き込まれるようにエリアになったのです。

◇一方、学園西大通、これは、東大通と交差する北端より、ずーっと南に延び、土浦野田線と言う道とぶつかるところまでがこう呼ばれます。もちろんその間は完全にエリアなのですが、そこから先、水戸街道にぶつかる地点(常磐線の駅あり)までの非常に長い空白地帯(人口も非常にまばら)も良好なエリアです。なぜでしょう?その答えは、二つ。一つ目は、常磐自動車道と言う超ビッグネームとの交差です。Dポは高速自動車道を軒並みエリア化しています。その影響でしょう。もう一つは、西大通の南端が、つくば市の行政の中心谷田部に非常に近いことがあります。このせいで、この辺りのエリア密度が上がっているようなのです。

◇とまあ、非常にローカルな話で申し訳ないのですが、あなたの近くの地域でも似たような例はありませんか?

◇話はそれますが、参考までに、ドコモPHSと、アステルの癖を。ちょっと前までのドコモは、とりあえずある程度人のいるところに基地局を建ててみる、という感じでしたね。そして、ひとたび基地局が建つと、そこからだだーっとなし崩し的にエリアが広げられ、人がいなくなるところまでエリア化されます。ちょっと田舎に行くと、民家の集まった集落の端っこ、そこから先は人っ子一人いない広大な田畑が広がる、というぎりぎりのところに、ドコモPHSの黒くて少し頼りなげな4本アンテナ付き基地局を見ることができます。一方のアステルは、ドコモ+Dポと言う感じで、両方ともエリアの場所だけエリアになっているようです。基本的に電柱を基地局に使っているので、自ずと道路際になり、その電柱は、ある程度人が集まっていないとそもそも建っていない、と言う事情(?)からなのでしょう。もちろん、たまに突飛な場所がエリアのこともありますが・・・。

◇と言うわけで、PHSのエリアについて考えてみた今回。ところが、最近この楽しみが減ってきているのです。と言うのも、通常の行動範囲がほとんどエリア化されてしまい、圏外にぶつかることがほとんどなくなってしまったからなのです。古くからのPHSユーザにとっては寂しい限り。もちろん、エリアが広がるのは喜ばしいことなんですけどね。



戻る