つなぎ放題移行実況レポート


◇というわけで、実にどーでもいーことですが、なんせ、くだらないヨタ話、というのがこのコラムの主眼。有無をいわさず聞いていただきますよ(笑)。

◇まず、つなぎ放題コースへの変更予約をしなければなりません。8月1日から28日までならいつでも受付とのことなので、とりあえず、急に予定変更して延期、とかになると困るので、変更予約は8月24日まで待ちました。116に電話して、オペレータに変更したい旨を伝えると、わずか5分程度で完了。ほんとに受け付けられたのかな、と心配になるくらいあっさりしています。これで、準備万端、あとは切り替え日を待つだけです。

◇DDIポケットの説明によると、当日は深夜0:00に以降を開始し、以降が完全に完了するのは明けた09:00頃とのこと。ちょっと幅が広く、その間使えないのかー、なんて思いながらも、よく考えたらそんな時間に使う訳のないことに気づいてほっと胸をなで下ろす。で、早速作戦を開始。

◇時のたつのは早いもので、もう前日の28日。私は27~29まで、仕事で東京の方に出張(?)しているので、東京について、ファーストフード店で、もぐもぐとまずいハンバーガーを食べながらDDIポケットHPでもう一度つなぎ放題コースの確認。これはフレックスチェンジ接続です、まだ。で、この辺で私の作戦を披露しましょう。といっても、大したものではなく、今DIONで接続しているのをPRINに移行する、というものなのですが、ちょっとしたテクニック(?)を使ってみようというもの。なぜかというと、ちょっとした問題がありまして、それというのが、DIONのメール、DIONのダイヤルアップ接続以外からは取り出せないんです。だから、常時接続になったはいいが、メールを取り出すためだけに昔みたいにPIAFSアクセスポイントにダイヤルアップしていたんじゃばからしい、なんとかPRINから取り出せないか、というところから考えた作戦。

◇もったいぶるのはこの辺までにしておきましょう。話は簡単、DIONのメールをPHSメールアドレスに転送するだけです。AirH”はメールアドレスをとっていない(そのうちとります;笑)ので、前から使っていたH”の方に転送する設定にします。こうすると、実は少しメリットがあって、メールが届くとH”に「新着メールあり」メッセージが、一日に一度「未読メールあり」メッセージが届くようになるので、いつメールをDLすればいいかのタイミングがとり易いんです。このメールはPRINからPCにDLできるので、ふつうのインターネットメールと同じように扱えます。H”のEメールはこれまでほとんど使ってなかったので資源の有効利用にもなります(笑)。

◇それにあたり、これまでH”→DIONに転送設定してあったものを解除します。これは、28日のお昼休みに行います。なぜこんなに早く行うか、というと、DION→H”の設定とほとんど同時に行うと、もし何らかの原因で設定更新が遅れ、そこに運悪くメールが届くと恐怖のフォワードループにはまるからです。ということで、たっぷり6時間は余裕をみます。これは、何の滞りもなく終了しました。

◇さて、帰りの特急に乗ってしまいましたが、この遊び時間を利用してもう一つの設定もやってしまいます。新しい接続のセットアップです。当日になって新しい接続のセットアップをしようとしても、すでに古い接続は利用できなくなってしまっていて、設定情報をHPで参照できません。ということで、早めに、新しい接続をDDIポケットのHPをみながら作ってしまいます。ちなみにパケット通信ですが、特急でも全く切断されないばかりか、通信速度もそんなに落ちません。「移動中は使えない」というPHS神話はもはや過去の産物となり果てたようです。

◇さて、家についてから、今度はDIONの転送設定です。さあ、いよいよつなぎ放題開始まで後残すところ数時間、最後の奉公だフレックスチェンジよ!ということで、自宅のPCにAirH”を挿してDION設定ページに飛び、設定開始です。ついでに、最近小うるさいSPAMの着信拒否の設定もしてしまいます。本文中のキーワードに反応するので、アダルト系に必ず含まれると思われるキーワードをセットして完璧。その後約1時間ばかり繋いでから、名残を惜しみつつも切断、お疲れさまでした、ネット25プラン。

◇あとは期待に胸ふくらませつつ、寝るだけです。翌日も東京に出張で早起きせねばなりません。しかし、逆に言えば寝て起きればすでに繋ぎ放題可能。なんて素敵なんでしょう。ということでおやすみなさい。

◇朝早く起き、駅から満員電車に揺られること2時間。東京に着きました。さて、ついたのは9時。おや、この時間、つなぎ放題への移行が保証されている時間ではありませんか。出先の約束の時間まで後1時間あるし、朝食をとりながら繋いでみますか。ということで、わくわくしながら接続アイコンをダブルクリック。さあ、赤いランプがともって・・・ユーザ認証が終わって・・・おおっ!つながりました!接続モードランプは、これまでの赤(64kPIAFS)や橙色(フレックスチェンジ)ではありません、輝かしい緑です。これぞ32kパケット通信のあかし!すなわちつなぎ放題ということです。

◇いやあ、6月にAirH”を買ってから、長い道のりでした。ということで、無事以降は完了。ただし、この後まだいくつか山がやってきます。手始めは、9月8日のDION対応。DIONは、どうやらこれまでサービスしていたcdmaOne向けのパケットサービスを使い回すようです。使い回すとはいえ、同じなのは料金だけ、後は全く別物です。そこまでいって、私のつなぎ放題完全以降が完了するわけです。

◇・・・で、このコラムをアップしようかなーと思ったら、大変なことに気がつきました。DIONのFTPが、メールと同じくDIONダイヤルアップからしか使えないんです。ああっ、盲点だったっ!

◇と言うことで、DIONのセットアップも無事終了しました。やり方は実に簡単、オンラインの設定変更ページで一つオプションサービスを申し込むだけ。これをアップしている今ではすべてのインターネットサービスが常時接続で受けられます。うーむ・・・これは・・・すばらしい。特にどこへ行っても使えるというのが・・・すごい。AirH”、まさにネット廃人大量製造装置ですな。


戻る