PHSってなんだ!?


◇最近、私はどうもあちこちの文章中で「PHSならではの」とか、「PHSらしくないサービス」などといった、不可解の言葉を使っているようです。えっ、どこが不可解か、ですって?では、「PHSならでは」とか、「PHSらしい」といわれて、何のことだかわかりますか?そうなんです、たしかに、「PHSはこういうことを目指して作られた通信方式だ」というのは元々あったのですが、それについてはすでにあって無きがごとし。すでに別物と言っていいほど変貌してしまっています。では、「PHSらしい」とは?考えてみましょう。

◇さて、すでに言い古されたことなんですが、PHSは家庭用コードレスホンを外でも使えないか、というところからスタートしました。外に出ても、使えるエリアは公衆電話並、つまり、ちょっと歩けばエリアがある、という程度で使えればよかったわけです。ところが、利用料金の安さから、携帯電話代わりに持つことがはやり始め、こうなると事業者としても携帯電話を競争相手として視野に入れながらエリア展開して行かざるを得ません。元々携帯と共存できるシステムのはずが、完全に携帯の競争相手となってしまったのです。

◇このあたりから、「PHSらしさ」というのが出てきます。つまり、PHSらしさというのは、あくまで携帯と比べて、というものなのです。PHSらしさといえば、たとえば、「移動中によく切れる」「データ通信に強い」「スポットエリアに強い」などといったものがありますが、さてそれは本当なのでしょうか?

◇なにがいいたいのかといいますと、PHSというのは、ごく最近、この日本で作られた通信方式である、ということです。「PHSらしさ」を決めるのは日本の、たった3事業者による、この数年間のPHSサービスであるわけです。そうやってみてみると、どうも、各社異なるサービス、特にDDIポケットはかなり独自路線を歩んでいて、実際に使ってみると全く違う通信方式なのではと疑うほどのものです。では、DDIポケットのPHSと、NTT、アステルのPHS、どちらのサービスを「PHSらしい」と呼んでいるのでしょう?これに関してはほぼ異論なく、ほとんどの人がNTT、アステルの方のサービスをもってPHSらしさを定義しているのではないかと思います。

◇そこには、原因の一つとして「イメージ」があるでしょう。NTTパーソナルは、どこからどう見ても、日本の通信を支えてきた天下のNTTによるPHSサービスであるわけです。そのNTTが間違ったことをするはずがありません。NTTのやっていることこそが正しいやり方で、それ以外は「異質」といわれても仕方がないし、そもそも日本人にはそういう「長いものには巻かれろ」的な国民性もあるのですから全く分からない話でもないわけです。

◇しかし、実際は、そのサービスの性質は、PDC各社の間の違いより遙かに大きくなっています。もはやひとまとめに「PHS」と呼ぶのは不適切な域にまで達しているのです。ですから、次のような議論は根本から間違っているのです。

◇「俺もそろそろモバイルくらいしなきゃなって思ってるんだ。だけど、携帯じゃ遅いし高いから、PHSでも契約しようと思う。んで、どこがいいかなー、と思ったんだけどさ、やっぱり、今持ってる携帯がドコモだし、そしたらファミリー割引で安くなるドコモのPHSがいいと思う訳よ、悪いけど。だから、DDIポケットもアステルもいらない。」

◇どの辺が間違っているか、ここまで読んだみなさんなら簡単ですね。「PHSならどこでも同じ、早くて安いけど選んで使うほどのもんじゃない」というこの考え方。さほど代わり映えのしないドコモとJ-PHONEは穴があくほど見比べて選ぶのに、です。0.1円しか違わない市内通話料金で電話会社をより分けるのに、です。おかしな話ですね。

◇と、いうわけで、そもそも、PHSをPHSとしてひとまとめにするのはおかしな話なんです。少なくとも、同じPDC方式のドコモとJフォンを区別している限りは、DDIポケットとアステルも別のサービスだと区別されるべきなんです。地方独特のサービスが楽しめるアステルと、全国どこでも同じサービスが利用できるDDIポケット、と言う感じで。


戻る