PHS-MOBILE.COM
モバイル版
モバイル一般記事は無線にゃんで更新中!

コメント投稿はここからユーザ登録をしてください


phsmobileのtwitterを見る

070を持とう!

24時間定額対決


シンプルな定額。WILLCOM


ソフトバンクでお困りの方へ

データ通信レスポンス比較

13年10月の記事を閲覧中



更新履歴
なんでも質問箱
「今日の一言」とかで答えるかもです。お気軽にどうぞ





2013/10の過去ログ


ニュースコメント[2013-10-24] from wnyan.jp

2013/10/25

T-MobileのiPad向けプラン、端末タダや無料LTEデータサービスなど
対応タブレットさえ持っていれば、登録だけで月200Mのデータが使えるようになるらしいです。T-Mobile網にさえつながるタブレットなら何でもいいっぽいけど、本当かな?一度登録しちゃえばずっと維持されるみたいだし、US出張に備えて一つ準備しておくのもいいかもしんない。契約条件とか分からないので、日本から契約できるかどうかは不明ですけど。ちょっと調べてみようかなー。 …

続きは無線にゃん


ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2013-10-22] from wnyan.jp

2013/10/23

LTE Signaling Infrastructure Insufficient For Upcoming Surge In 4G Uptake
LTEと言うかスマートフォンの問題なんですよね、通信集中、文中にあるいわゆる「スパイク」は。ある決まった時間に大量のスマホが一斉に通信を開始するとき、通信を開始したいです、と言う制御信号(シグナリング)が同時に発生するわけで、これが制御信号処理系に定常時の何倍もの負荷をかけます。ドコモやKDDIがLTE開始後に何度もやらかした障害は大体この辺の話。要するに、LTEそのものが危険と言うよりは、危険なのはスマートフォンなんですよね。LTEは今のところチップのつくり的にスマートフォンしか作れない代物なので、結果としてLTE利用者増=スマートフォン増、と言う構図になっているだけで。ソフトバンクは早くからスマートフォンを扱い始めていたので、このスマートフォン特有の制御信号スパイクに対してじゃぶじゃぶの処理サーバを用意してあり障害を起こしにくい、そういうわけです。だいぶ前に聞いたところだと、制御信号系については、ドコモやKDDIがスパイク耐性が2~3倍しかない(無かった)のに対してソフトバンクは20倍くらいの耐性があるらしいです。
一方、スマートフォンのこのスパイク傾向は今後も強くなっていくと思います。結局、スマホのアプリそれぞれが勝手に自分の通信契機で通信するわけですが、まずネットワークのために契機をランダマイズしてあげよう、なんてことを考えてアプリを作っている人なんていません。また、「別の契機で端末がアクティブになったときだけ通信する」みたいな作りもできるみたいですが、結局その「別の契機」は誰かが自分に都合よく選んだ契機なわけで、「別に通信するわけじゃないから0:00に起きて軽く処理するくらいいいよね」みたいな感じで、その契機に便乗する他のアプリがあるかもしれないと言うところまで考えてないわけで。その契機をキックするアプリや、便乗するアプリが多岐に渡るにつれて、同じ契機でアクセスを試みるスマートフォンの比率はどんどん上がっていく、究極的にはネットワークにアタッチしているすべてのスマートフォンが、特定の契機で通信回線ONを試みる、なんていう状況に近づいていくわけです。結局、iモード時代と同じ、端末の統制しか解決策はないと思うんですけどね。月間総GB数を規制することは制御信号 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

スマホとハードキー from wnyan.jp

2013/10/21

どうしてスマホにハードウェアキーが無くなっていっちゃったんでしょうね、と言うお便りをいくつかいただいています。本当にどうしてでしょうね。

片方の都合はよく分かるんです。作る側の都合。可動部って一番コストがかかるから作りたくないんです。何度でも書きますが、全面タッチパネルのカマボコ板が一番低コストで誰にでも作れるんです。ボタンだのヒンジだのをつけるとそれだけでどんどん設計難度が上がっていきます。

技術の蓄積が無くても、お試しレベルで作れちゃうのがカマボコ板。凝ったデザインになればもちろん複雑な組み立てラインが必要でそれなりの会社にしか作れないでしょうが、それでも、内部設計は簡単。出来合いの配置図どおりにチップとアンテナを配置するだけで作れちゃうレベル。一方物理ボタンがここに増えていくと、つまり、電気的な接点が余計に増えていくわけです。電気的な接点は無線設計上は厄介な邪魔者。ちゃんと技術があればそれでも性能の出るものを作れますが、それでは、新興国の安物にコスト競争でとてもかなわない、と言うことなんでしょうね。

作る側としては、一台作るごとにコストの発生するハードウェアに余計な仕掛けを入れるよりは、売れば売るほどコストを回収できるソフトウェアに力を入れたほうがいい、と判断するのは、自然なことだと思います。通信環境が整っているので、実際のコーディングは地球の裏でやっても良い訳ですし、であれば、一番人件費の安い国をいつだって好きなように選べる、と言うのも、ソフト重視の流れを強く後押ししています。

もう片方の都合。使う側の都合なのですが、こちらがよく分からない。確かに、タッチパネルがひとつあればあらゆる操作ができちゃうので、物理ボタンは必須ではない、ってことはよく分かるんです。ただ、思いのほかそれを不便と思う人が少ないんですよね。

むしろ、全部タッチパネルのほうがかっこいい的な流れじゃないですか、今。よろしくないですね(個人的に)。どうしてタッチ操作しかなくてまともに使えるのかが、まったくもってわからんのです。正直、タッチ操作情報端末の黎明期(palmとかzaurusとか)からタッチ機器をそれなりに使いこなしてきたと自負する私でも、タッチ操作はメインの操作方法にはなりえない、としか言えないのです。

まず、スマホを持ったとき、片面の9割以上が「触ると反応する操作部であり操作しないときは触っち …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

LTE基地局のその後ろ from wnyan.jp

2013/10/17

LTEになって基地局までの伝送回線もかなり大変になっていると思うけどどんな方法を使っているんでしょうか、と言うようなご質問をいただきました。

たとえば、大昔は銅線利用の1.5Mbpsとかの専用線で十分だったし、もう少し速くなってもこれを何本か束ねればいいでしょ的な発想ですんでいましたが、LTEとなると75Mbpsだの150Mbpsだのと今までの通信とは次元の違う速度になっちゃうので、もう光ファイバぐらいしかないと言うのが現実です。

ただ現実にはすべての場所に光ファイバがあるとは限らないので、ある程度いろんな方式を混ぜて使っていかないといけません。と言うことで、どんなものが使われているのか、私が知っている程度のものを並べて見ます。

まず、メタル線を使った方式。T回線とかE回線とか言われています。日本は北米式T回線で、T1回線が1.5Mbps、T3回線がこれを28本束ねて42Mbps。もっと上も規格はありますが、日本はここまで。となると、LTEの37.5Mbpsサービスはぎりぎり大丈夫かもしれないけれど75Mbpsは無理、みたいな状況。実際に基地局に必要な帯域は、ユーザデータだけでなく制御信号や運用信号なども含むので、T3を使っても実効速度は20Mbpsとかがせいぜいになるはずです。本当にほかの手段が無いときにはこれを使っているかもしれません。

次に、マイクロ波。これはいろんな独自方式がメーカごとにあると言うレベルなので、これと決まった通信速度の上限はありませんが、たとえば有名なNEC PASOLINKなどは最新システムは1Gbpsを超えているようです。ただ、やっぱり無線を使うものなので、直線見通しが取れることが条件ですし、品質を考えればもう少し通信速度を落としてリンクの強度を確保する必要もあるでしょうから、100とか200Mbpsで使う例が多いのではないでしょうか。ただ、今時点ならLTEでもこの程度あれば足りるかもしれません。

最後に、やっぱり光ファイバ。いろいろ話を聞いてみると、これまではとても光を引けなかったような奥地にも、LTE開業を機に無理やり光を引いている例も多いようで、後々のLTE後継での大増速のことも考えて今結構無理をしているっぽいです。基本は光で考えて、どうしても無理ならマイクロかT系で、みたいな。逆に光さえ引けば帯域には相当な余裕ができるので、複数バンドの複数基地局の …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ユニバーサルサービス料って何? from wnyan.jp

2013/10/16

ユニバーサルサービス料って何?と言うご質問をいただきました。と言うのが、こちらの記事でユニバーサルサービス料って何なのかをauに聞いてみた結果と言う記事があって、その中に「携帯電話の鉄塔も入るって書いてあるけど本当?」と言う趣旨のようでして。

結論から言うと、嘘です。嘘記事、答えた「お客様センター」も大嘘の回答をしてしまっています。と言うことでご注意。

総務省の説明を読めば分かるのですが、ユニバーサルサービス料で設備整備費用の補填が認められているのはNTT東西だけです。ユニバーサルサービス、つまり、すべての国民に普遍的に供給されるべき通信サービスとして認められているのは、適格事業者はNTT東西のみ、基礎サービスは加入電話と公衆電話、あとは地域緊急機関への接続サービスだけです。

と言うことで、携帯電話の基地局鉄塔は間違ってもユニバーサルサービス料で補填される対象になることはありません。ユニバーサルサービス料として(2013年現在)1電番3円ずつ集められたお金を受け取る資格があるのはNTT東西だけです。

この記事、どうにも、「みんなが払った3円を使って田舎にも電波が届く仕組みを作ってるんですよ」と言うように読める(と言うか確実にそう書いてある)し、この3円を取るかどうかと言うのも各社が自分で勝手に決めてますよ的なニュアンスで、誤解を生むことはなはだしく、さっさと記事削除してくれないと結構まずいことになりそうなんですけどね。

あと、電気ガス水道にもありますなんて無茶を書いていますが、これ、お客様センターが本当にこんな回答をしたんですかね。絶対ありえないですよ、この記者の創作が多分に入っているように思えます。ユニバーサルサービス料の制度は、NTT東西が不採算の僻地にも最低限のサービスを届けるために負担している費用を、NTT東西と相互接続している通信事業者(携帯電話事業者に限らず)がみんなで負担しましょう、と言う「行政制度」なのであって、たとえば、電気については、確かに僻地費用をみんなで負担していますが、それはあくまで電力会社が自身の判断で全体で僻地費用を按分しましょうと内部的に解決している問題であって、「自宅に電気メータがある人は一律月々○円を負担しましょう」と言う法律なんて聞いたことないですよね。都市ガス・プロパンなどいろいろな選択肢があるガス事業や自治体が税金で整備している水道事業なんて …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2013-10-10] from wnyan.jp

2013/10/11

クアッドバンドXiが使えるコンパクトなルーター──Wi-Fi STARION HW-01F
5g対応モバイルルータきたー!!難しいのかなあと思っていたんですが、やればできるんじゃん。ocnの980円プランは手当済みだし、この端末をどうにか白で手に入れたいところ。っていうか、スマホもそろそろテザリング5g対応考えてほしいんですけど。ひょっとして話題にならないだけですでにそういうのあるんですかね。情報求む。

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2013-10-01] from wnyan.jp

2013/10/02

割賦代を支払ったのに未入金扱い、ソフトバンクが誤処理
信用情報の誤登録ということで、ローンを組んだりクレジット契約をしたりってところに影響はほどほどあったでしょうが、誤ったのは本当に信用情報の登録だけなのか、って言う点は気になりますね。さすがに誤請求までやっちゃってるってことはないでしょうが、解消したはずの債権が帳簿上残存しているように見えていてそれに気づかずに証券化して売りさばいちゃってた、なんてことになってたりしたら結構な金融事件です。信用情報の取り扱いがずさんなんだな、と思うだけでいろんなところに疑いが及んじゃうんですよねぇ。その辺、追って説明をしたほうがいいと思うんですけど>ソフトバンクさん …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »