PHS-MOBILE.COM
モバイル版
モバイル一般記事は無線にゃんで更新中!

コメント投稿はここからユーザ登録をしてください


phsmobileのtwitterを見る

070を持とう!

24時間定額対決


シンプルな定額。WILLCOM


ソフトバンクでお困りの方へ

データ通信レスポンス比較

13年01月の記事を閲覧中



更新履歴
なんでも質問箱
「今日の一言」とかで答えるかもです。お気軽にどうぞ





2013/01の過去ログ


ニュースコメント[2013-01-30] from wnyan.jp

2013/01/31

木に化ける基地局
いいねぇ(笑)。日本でもまれにあるみたいですが、30メートル級の鉄塔を丸々カモフラージュってのは聞いたことないです。せいぜい、色使いを変える程度で。あと、PHS局が蔦で覆われて結果としてカモフラっちゃったっていうお笑い物件は結構取り上げられてますよね、マニア間では。でもせっかくだから、基地局っていう目立つ物体を使ったいろんなネタをやってほしいですね。もちろん、キャリアのロゴを掲げるなんて野暮は無しで。カモフラが必要ない場所であれば、むしろ街の景観をアップさせる、面白いネタを自治体と共同で仕込むのも良いかも。地元の名物にあやかった何か、とか。携帯電話基地局って必ず一定距離ごとにあるものですから、自治体としてそれを積極活用するアイデアを出して、キャリアに売りこんでみてはどうでしょうね。キャリアとしてもそれで話題になればイメージアップにもなるし。暗所に強いカメラ、通信制御で省電力化も!NTTドコモARROWS Xの実力とは?:デジタルトレンドフォーカス
共通コアでLTEと3Gをソフト的に処理して云々、っていう話、まぁ、国産ならではの考え方って感じですね。海外では、グローバルにどの市場に出ていくものにでも対応できるように、出来るだけ細分化・モジュール化して、マーケットに合わせたラインナップを超スピードで提供できるようにしているわけですが(もちろん分割損があるので個々の性能にはハンデがある)、こういったグローバルな考え方とは逆行しているっちゃぁしているわけで、要するに「ガラパゴスチップ」なわけです。ドコモでだけ使う、と決め打ちしちゃう分には最小リソースで最高性能を求めやすいので良いんじゃないですか。マーケットが限定されるのでコストは高そうですけど。DNPFファミリーらしい発想です。 …

続きは無線にゃん


ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

「あ、」 from wnyan.jp

2013/01/29

相手に何か話しかけるとき、なんとなく「 あ、」ってつけちゃいませんか。あ、今日はしょーもない話です。

たとえばコンビニのレジで。読み取りが終わって店員が袋詰めをしていて、で、支払いという段になったとき、店員が袋詰めの手を休めるのを見計らって「nanacoで」と言いたいとき、ついつい「あ、nanacoで」って言っちゃいませんか。私は言っちゃいますが。

この「あ、」、無線通信でいうところの「ランダムアクセス」に近い役割を果たしてるんですよね。あるいは、衝突型通信におけるフロー制御的な。

相手が聞ける状態にあるかどうかわからない、そもそも自分が話していいターンなのかわからない、その時に、瞬間的に「あ、」と言って相手の反応を確かめる、あるいは、その「あ、」が相手の言葉と衝突しないかどうかを確かめる、そういう役割があると思うのです。

「あ、」と言って相手の反応を見る、その時、その「あ、」に反応して相手が聞く体制になるかどうかを確かめる、また、言われた方も、「あ、」という言葉を聞いて、あ、この人は今から何かしゃべるんだな、と判断して聞くモードになる、っていう暗黙のプロトコルが成立しているように思うんですね。

「音波」という無線通信を行う場合に、やっぱりこの「あ、」は、ランダムアクセス、あるいは、フロー制御(RTS/CTS)として非常に重要な役割を果たしているんですよ。

一方、1対1で会話が成立していてほぼ連続的に会話が続いている状態ってのは、トラフィックチャネルが1対1で成立している状態なわけで、いちいち「あ、」を挟む必要はありません。必要なのは、あくまでしばらく会話が途切れたり、会話がなかった相手に話しかけるとき。無線ドーマント状態からの復帰でもランダムアクセスによりチャネル割り当てが必要なのと同じですね。

このエントリの一番最初の行にも「あ、」を使いました。これは、相手に対して何らかの問いかけをして相手の反応を待っている状態、という前提に対して、ちょっと待って、もう少ししゃべるのでしゃべらないで聞いて、の意味であり、この「あ、」によって、もう少しだけしゃべる時間のリソース割り当てを確保するための手順だったのです。

「あ、」(connection request)→「(目線、しぐさ)」(connection accept/assignment)→「(本文)」というプロトコルが …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ソーラー電波のシンプル腕時計 from wnyan.jp

2013/01/24

全然関係ないですが、先日、「ソーラー電波のシンプルなやつを愛用」と書いたら、具体的にどの時計ですか、っていう質問が来たので、ご紹介。

モノとしては、CITIZENのEXCEEDなんですが、同等の後継品が無くて、一番見た目が近いというと、コチラの機種になります。こいつは厚みが8mm超えですが、私が使ってるのは厚みが7mmのモデル。厚みで1mmの差はでかいです。なんで革ベルトタイプでケースが薄い後継品出さないんだろ。現行機種で薄いのは全部金属ベルトでギラギラしててダサいんですよね。

そんな感じ。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ニュースコメント[2013-01-23] from wnyan.jp

2013/01/24

初CESで日本の通信環境の素晴らしさを再確認
もう私もずーっと同じこと言ってますが、日本の通信環境は世界の中で頭二つ分くらいとびぬけて快適です。特に違うのが、有線(光)回線。この品質があまりに違います。モバイルの品質の悪さは、単にこの有線区間の品質の悪さに引っ張られてるだけじゃないかなぁ、と言う感じ。おおざっぱに言って今まで行った国での状況をまとめると、日本>韓国>>アメリカ>北欧>>欧州(北欧除く)>>>>中国、と言う感じ。日本より快適な場所は地球上にない!!と言いきっちゃいます。ぶっちゃけNTTが作った地上網が高品質過ぎて、それをほぼノーリスクで他の事業者が使えるっていう環境が日本の快適さを押し上げています(完全自社網!とか言ってるいくつかの事業者も、足回りをよくよく見るとNTTのダークファイバ使ってたりするんですよね)。日本は通信コストが高いと言いますが、それはおそらくNTTの過剰品質が原因で、だからと言って品質をほかの国並みに落としてコストを下げてほしいかと言うと全然そんなことは無いです。NTTもっと頑張れ。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ニュースコメント[2013-01-22] from wnyan.jp

2013/01/23

国内企業ソーシャル活用、トップ50社LINE利用率3倍に
twitterやfacebookはともかくLINEだけはアカン。あれは絶対企業で使っちゃダメなやつです。事実上、意識的に登録した以外のすべての連絡先を勝手に吸い上げるシステムですから、LINE側に万一の情報漏えいが起こった時にオオゴトになりますよ。たとえばひもづけ時だけに一時的に利用するだけとしているにしても、サーバ上にログや断片化されたデータが残ることはあり得ますし、そういった「情報が残ったり」「それが漏れたり」こそが「万一」なんです。しかも、他の情報と勝手に連携を取って、わざと隠していた情報まで勝手にひもづけられたりしちゃうし。ちょっとした企業だとスマホ連絡先とイントラの電話帳を連携するシステムとか持ってたりするし。ここに名前挙がってる会社、ある意味で「情報リスクがかなり高い会社リスト」だと思いますよ。2013春モデルの12機種を開発・発売
やったー!!デュアルディスプレイの変態スマホ来たよー!!閉じても幅64mmとやっぱりスマホっぽい大きさなんですが、横向きキーボード表示でも画面が普通の広さで使えるってのは良いですね。横向きキーボード表示だと画面ほとんど隠れちゃいますからね、今のスマホって。あとちょっと別方向でよさげに見えたのが、ジュニアスマホ。google系サービスを完全シャットアウトって、すごく魅力的(笑)。いらないんですよ、google系サービス。ほんとに。いらないんだけど常駐しててメモリ食ってるのが腹立つ(笑)。ぶっちゃけ私の今のスマホ利用の場合、スマートパスのみで全部需要を賄えてて、アプリ制限でドコモ指定のアプリだけってのでも十分使える気がするんですよね。っていうかスマホにあまり多くを求めてないんですけどね。googleシャットアウトスマホ、実際どんな感じか見てみたい感じです。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

猫でもわかる「LTEって何?」 from wnyan.jp

2013/01/22

最近、当たり前のように「LTE」とか「4G LTE」とかって言葉を使っていますが、LTEって一体何?と言うところって意外と知られていないというか、ちょっと調べ進めようとするといきなり専門用語の深みにはまってしまうような感じになっている気がします。ので、今日は猫でもわかるLTEって何?の話。

まず最初に。LTEは、「新しい無線を使った通信方式」です。新しい方式ってことは、いろいろと新しいことができるようになっているんですが、そういうのは技術オタクに任せておけばよくて、一番手っ取り早くいうと、「すごく高速でデータ通信ができる方式」です。ただ、ここで「方式」と言ってもピンと来るような人もそうそう多くないですよね。

「方式」と言うのは、「ルール」です。通信ってのは、送る人と受ける人が両方いて成り立ちます。送る人が何かを送るとき、受ける人が知っているルールで送らなければ伝わりません。もちろん逆もです。簡単に言えば、日本語しか聞けない・話せないAさんと、英語しか聞けない・離せないBさんの間には、通信は成り立ちません。言葉という「ルール」が違うからです。

20年ほど前から一般に出回り始めた携帯電話も、このルールが決められています。ところが、実際に国ごとに言葉が違って困るように、通信の方式=ルールも世界中で違っていました。いろんな言葉であちこちで好き勝手にやっていたのが大昔の話。

そのうち、世界共通のルールを作りましょう、と言う動きが盛んになります。そうやって、初期の世界共通ルールができます。この世界共通ルールを使えば世界中で同じルールで通信ができるようになります、と言うものです。

ただ、このころのルールは、たとえて言うなら「ひらがなだけで表現できる言葉を伝える」みたいなもの。ひらがな音だけでたくさんの情報を一度に伝えようとするとどうしても舌がもつれてしまいます。なので、通信で一度に送れる情報はとても少ないものです。もちろん、早口言葉の訓練をしてひらがなだけでももっと高速で情報を伝えようという仕組みもどんどん作られていきましたが、早口言葉にも限界があります。

そこで考えられたのが、「そうだ、言葉だけじゃなく漢字にして紙に書いて見せればもっと短い時間で情報を伝えられるかも」と言う発想。これが、一般的には「全く新しい方式」になります。この方式はもちろん結構速い速度で情報を伝えることができますが、ひ …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ニュースコメント[2013-01-18] from wnyan.jp

2013/01/19

スマホと連動する腕時計型デバイス、どう思う?
便利だと思うんですけど、基本的に全部デザインがダサい。ダサいというか、おっさん向けじゃないんですよね。薄くてシンプルなアナログの針が三つだけあるような時計が好みなんですが、そういうの誰か作りませんかね。もちろん隠れた機能がたくさんあるのは歓迎なのです。私のお気に入りの時計は電波+ソーラーだけど薄くてシンプルなアナログの針が三つだけと言う時計なんですが、この後継機がすでに厚みが増えてサイドに余計な装飾があるわ文字盤のデザインがゴテゴテしてバンドもテカテカした金属バンドしかないわ、で、全く買い替える気にさえならない。こないだも結局3万円もかけてオーバーホールしちゃった(買い替えれば2万なのに)。スマホ連動も着信のバイブ連動とかだけでいいんですけど、なんでしょうね、この、「ちょっと機能が多い機種は見た目も派手にしなきゃ」的な風潮は。派手な見かけの時計はダサいとしか思えないおっさんの意見です。お気になさらず。LTE の陰で存在感薄れるプラチナバンド開始半年で見えた実状と課題
900帯に調整が必要なのは最初から分かっていたことで、その調整も込みで「垂直立ち上げ」を豪語したからには、「既存との調整が大変なので」なんてのは言い訳としてさえ通用しません。出来もしない計画を紙の上だけで整えて周波数をだまし取る「周波数詐欺」と言われても仕方がないし、現に、昔1.7G帯でも同じ周波数詐欺をやって実現できなくなって返上しているという「実績」さえあるわけで(すくなくとも約束を違えて既存事業者買収に走ったのは事実)。すさまじい800LTEエリアとソフトバンク同等以上の2Gエリアを同時に整備したKDDIに比べると、900と2Gを同時に整備していたソフトバンクが不利な状況とは全然思えないし財務的にはすでにKDDIをはるかに超える純利益と資金調達力を持っているのにKDDIと同じ程度のインフラ拡充ができないのは、根本的なインフラ構築力の無さを物語っています。だからこそ、高度に整備済みのインフラ、ウィルコムのPHS+XGPやイー・アクセスの買収という安易な方法でのインフラ拡充を進めるしかないわけで。これ以上買える「出来合いのインフラ」がなくなったらどうするん
でしょうね。ソフトバンクが資金調達力にモノを言わせてあらゆる事業者を吸収してしまった時こそが、通信インフラ進化の終わりとなるのかもしれません。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ニュースコメント[2013-01-17] from wnyan.jp

2013/01/18

$B%-%c%j%”!”;HMQBS0h$G:9$,L@3N!*%(%j%”5^3HBg!”(B LTE$B$N!H??$N$3$3$^$Go$K6/$$$s$G$7$g$&$1$I$M!#$G!”$A$g$C$H0U30$@$C$?$N$O!”(Bau$B$N(BLTE(2G)$B$H%=%U%H%P%s%/$N(BLTE(2G)$B$,$[$H$s$IF1$8798~$G!”%=%U%H%P%s%/$NJ}$,69$$$/$i$$$C$F$3$H$H!”%I%3%b$NJ}$,$:$C$H%(%j%”$,NI$$!”$C$F$3$H!#$$$d!”(Bau$B$H%=%U%H%P%s%/$N(BLTE$B$C$F!”e$2$?%7%9%F%`$G!”$a$A$c$/$A$c$KNO$rF~$l$F$k!”$C$FJ9$$$F$$$?$N$G!”2e$2$?$i$^$?@*NO?^$,JQ$o$k$+$J!)(B $B%&%#%k%3%`$H%$!$l$NE9J^$GAj8_$K>&IJDs6!(B
$B2;@P!K!#$^$!$I$A$i$b@2$l$F%=%U%H%P%s%/;12e>l2qe$bHs>o$K6/$$$G$7$g$&$7!#%&%#%k%3%`$b%O%$%j%9%/$f$($KBG$F$J$+$C$?Bg$P$/$A$rBG$C$F(BV$B;z2sI|$G$9$7!”$d$C$Q$j!”7P1D!&6%Ah$N4QE@$G$_$k$H!”%=%U%H%P%s%/0l6/>uBV$G$9$M!”%b%P%$%k;T>l$O!#K!$NG{$j$,$”$k(BNTT$B0J30$OA4It5[$BL5@~$K$c$s(B$B$G(B

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

スマホ速度計測サイト不調 from wnyan.jp

2013/01/15

別サイトでやってるスマホ速度計測ですが、サーバが不安定で不調です。

具体的には、サーバの応答時間がものすごく遅い&ばらつくようになってしまい、応答速度が超遅い&スピード計測結果が超ばらつくようになってしまいました。

あれですね、パケットベース交換システムでは回線使用率が上がると応答時間とそのばらつきが非常に大きくなる、と言うことが私が使っているレンタルサーバで起きているってことですね。

月数百円程度のレンタルサーバじゃやっぱりきついのかなぁ。と言って、月数千円以上も出すのはさすがにやりすぎだし。自宅サーバってのも視野に入れるか・・・。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

KDDI LTE800MHzド田舎レビュー from wnyan.jp

2013/01/11

ということで、今日はKDDI LTE800MHzのレビューです。マップみるとエリア広いなーと言うのは前に書いた通りなんですが、実際にド田舎に行くとどんな感じか、ってことで。

まぁぶっちゃけ実家の方に行ってきたんですけどね。マップ見て実家が圏内なのはわかってるんですが、その他、ほどほどにド田舎を圏内一円くらいのスケールでうろうろしまくった結果どんな感じだったか、ってのを体感レビューしておこうというお話です。

そもそもソフトバンクは3Gさえも届いていないような場所をうろついたのとソフトバンクの端末持ってないってのもあるので、あくまで比較対象はドコモってことになりますが、そんな感じで。

まず、県の真ん中辺の山間部周囲1kmに4世帯という実家。エリア内になっているのはわかっていましたが、マップ自体が相当盛ってるんじゃないの?と言う疑いも無きにしもあらずなので、実際に見てみると、ほどほど。アンテナ表示は2本/最大4本と言う感じ。とりあえずLTEから落っこちるってことは実家内では起こっていません。

で、速度計測してみたところ、30Mbps出ました。都会の自宅よりはるかに速いってなんだよ。ちなみに、その実家には何度もゴネまくって引いたADSL(YBBの一番高いやつ)しか入ってなくて、最大1Mbps。ドコモはHSDPAで最大1.5Mbps、と言う土地なので、30Mbpsは全く異次元の速度。7GB制限さえなければ実家の回線本当にLTEにしちゃったほうがよさそうなんですけど、これ。

市街地から自宅まで、車で約40分ほどですが、その間もLTEが途切れる場所は一か所もありません。ドコモLTEは最初の20分でアウトです。マップ上はもう少し伸びているんですが、実際には届いていません。ひどい。あと、実家は前よりもドコモの入りが悪くなってレピータ入ってます。レピータの室内アンテナのある部屋以外ではドコモは使えなくなっています。これまたひどい。基地局の位置変えたりしたのかなぁ。局位置変えなきゃならないほどの災害とか反対運動とかない土地なんだけど。

実家からさらに奥地に向かって車で40分ほど行くとちょっとした観光地があるんですが、そこに行く道すがらだと、KDDI LTE800MHzは大体6割ほどがエリア、残りは3Gエリア。もちろん観光地もLTE圏内、計測してみると20Mbps弱。ドコモはもちろん全域LTE圏外。い …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »