PHS-MOBILE.COM
モバイル版
モバイル一般記事は無線にゃんで更新中!

コメント投稿はここからユーザ登録をしてください


phsmobileのtwitterを見る

070を持とう!

24時間定額対決


シンプルな定額。WILLCOM


ソフトバンクでお困りの方へ

データ通信レスポンス比較

12年11月の記事を閲覧中



更新履歴
なんでも質問箱
「今日の一言」とかで答えるかもです。お気軽にどうぞ





2012/11の過去ログ


ニュースコメント[2012-11-29] from wnyan.jp

2012/11/30

ソフトバンクモバイル、公衆無線LANの5GHz帯対応など年度末に40万カ所へ拡充
あー余計なことを。これでせっかくの5Gも使えないバンドになっちゃいますね。ちゃんと設計しておいてくれりゃいいんだけど、下請け孫請けの営業屋がローラー作戦で置きまくってるようなものがまともに干渉設計してるわけがない。どうせバックホールは3G回線で激遅なんだから2.4Gで我慢してろよ、と言いたくなります。公害事業者。 …

続きは無線にゃん


ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

PHSに誤り訂正が無い理由 from wnyan.jp

2012/11/28

PHSの通信方式を見ると、各フレームにCRCこそついているけど、誤り訂正ビットが全くないみたいです、これで通信本当に大丈夫なんでしょうか、と言うご質問をいただきました。

分かっている人には釈迦に説法で申し訳ないですが、誤り訂正の仕組みを簡単に説明。たとえば送信データが100ビットあったとします。もしこの100ビットだけを送信して、そのうちの1ビットが何かの理由で壊れてしまったとすると、これはもうこのデータに意味はありません。全部破棄です。それを検出するのがCRCの役目。PHSフレームにはこのCRCビットがついています。

さて、100ビット頑張って送ったのにたった1ビット壊れて残り99ビット破棄はさすがにもったいない。ってことで考え出されたのが、送る全ビットに複雑な計算を施して、計算結果のビットを余分なビットとしてつけておく手法。100ビットの送信のために100ビットを余分につけて200ビット送信する、みたいなイメージ。たとえば、元データのビットをa1,a2,a3…、余分ビットをb1,b2,b3…としておいて、a1が0だったらb2が1になってるはず!みたいな法則性を持たせておくんですね。一番簡単なのは元データ=余分ビット、ですが、これだとどっちかが壊れてもどっちが壊れたか分かりにくい。ってことで、もう少し複雑な計算をすることで、確実に間違いの起こった場所を特定できるような工夫がいろいろと考えられています。この余分なビットが誤り訂正ビット。最近は、元データといっしょくたにまぜこぜにしているので、誤り訂正ビットとは呼ばず、単になんちゃらコーディングとか読んでいたりもします。比較的新しい無線通信方式では必ずこの誤り訂正機能がついています。

さて質問の方に戻ります。PHSの話です。こういう仕組みがPHSにはないけどそれで大丈夫なのか、と言う話です。

元々から言えば、古い携帯電話方式はみんなこんな仕組みは持っていません。なぜかというと、古い方式になるほど、1ビットを伝送するコストが高くなるからです。もちろん、こういった誤り訂正機能を動かせるほどの演算パワーを小さな携帯端末に持たせるなんて夢にも思わない時代にできた方式だったから、と言うのもあります。

そして、PHSもまさにそんな時代に生まれた方式です。たとえば、PHSが世に出たほぼ同時期、WCDMAの仕様が作られていくとき、その複雑な演算 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

優先携帯電話がつながらない? from wnyan.jp

2012/11/27

とある大きなイベントでの話、と言うことで、お便りをいただきました。その人はなんでもソフトバンクの「優先携帯電話」を持ってそこに行ったそうですが、無線が輻輳して全く使えなかったそうです。同じくドコモ、auも優先電話を持っていて、そちらは問題なくつながったのに、と。優先電話をわざわざ持って行ったのにつながらないのは納得がいかない、どういう理由があるんでしょうか、と言うご質問。

いやぁ、私もソフトバンクを貶すのは大好きなのでこういうネタには食いついちゃいますが、なんというか、こればっかりは運ですよね。この場合はたまたまソフトバンクでした、ってことで。とはいえ、そもそもどうしてそんなことになるんや!と言うご立腹には何らかのお答えを用意しましょうということで本日のネタ。

まず、無線における優先電話ってのがなんなのかっていう話を軽くおさらいしておくと、前にも似たようなことを書きましたが、基本的には「優先的につないであげる電話」ではなく、「他の電話に接続禁止の信号を送っているときも優先電話は無視できる」と言う仕組み。なので、「他の電話が接続禁止」と言うのが前提条件になります。

これでどうして「優先」になるのか。話は簡単で、他の電話は接続禁止信号を受けているので接続しません。接続しないということは、その分無線容量や回線容量に空きができます。なので、接続禁止信号を無視できる優先電話はその空きを使って通信できます、と言う仕組みになっているわけです。

そもそも無線だと、最初に「今から発信しますよ」と言う信号が出るのですが、その信号自体が無線容量を食いつぶします。なので、たとえば固定電話のように交換機で優先電話からの発信を優先的に受け入れる処理と言うことをするだけでは不足で、他の電話がその「今から発信しますよ」信号を送らなく(送りにくく)してあげる、と言うことで差をつけるしかないわけです(もちろん携帯電話でも交換機で優先非優先処理は行っていますが)。

こう考えると、「優先電話」でも接続できなくなってしまうケースがあることに気が付きます。

一つ目。混雑しているのに接続禁止(規制)がかからなかった場合。これは完全にオペレーションのミスですが、普通の電話に対して規制がかかっていなければ、優先電話と普通の電話の差は(ほぼ)ありません。普通の電話の使用で無線が非常に混雑してしまえば、優先電話と言えども、無線信号 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

AXGP燃費悪すぎ疑惑 from wnyan.jp

2012/11/26

AXGPスマホの連続待ち受け時間短すぎ、燃費が悪すぎじゃないですか、なんででしょうか、と言うご質問をいただきました。

え、ほんとかいな、と思って、とりあえず公表されているスペックでの連続待ち受け時間を調べてエクセルに貼り付けてみたんですが、これが思った以上の差が出ていてビックリ。

待ち受け時間の差=消費電力の差、と単純に考え、LTE(AXGP)待ち受けが3G待ち受けの何倍の消費電力になるのか、と言うのを並べて計算してみた結果。ドコモのXi端末だと、1.3倍~1.7倍程度に大体おさまっている感じ、auのLTE端末は、1.1倍~1.3倍くらいでちょっと成績が良いみたいですが、これは測定方法の差と言ってもいいくらいの大した差じゃありません。しかし、ソフトバンクAXGP端末だと、2.4倍~2.6倍。なんじゃこりゃ。

まず、そもそもの話として、LTEは消費電力が大きい、ここは良いですよね。これは、古くはPDCから3Gに方式が移った時も同じでしたが、要するに新しくて広い帯域を使って復調のための演算量の多い方式は、例外なく消費電力が増えます。これが、無線デバイス、演算デバイスの効率化によって徐々に旧方式と同等程度の消費電力に落ち着いていく、と言うのが、新方式が根付いていく流れです。逆にその辺まで行かないと「新方式なんて待ち受け時間短いだけで使えねーよ」ってことになってなかなか一般にまで受け入れられないものなんですが。

そう考えれば、まぁせいぜい3割~5割増程度で済んでいるLTEは結構頑張っている方だと思うんです。LTEは準備段階からガッツリデバイスメーカが関わっているし、(3Gでの経験から)仕様策定のかなり初期からバッテリ寿命に関する議論がものすごく盛んだったので、なかなかいい感じにできた、と言えるわけです。

では、ドコモ・KDDIのLTEとAXGPの燃費の差はいったい何か。FDDとTDDの差でしょうか。

実際には、単なる待ち受け状態に関しては、FDDとTDDの差はほとんどありません。LTEのフレームは、10個のサブフレームが集まってできていますが、この中のどこのサブフレームのどの辺の位置に待ち受け用のチャネル(ページングチャネル)があるのかが予め決まっています。一方、TDDでは、この10個のサブフレームのうちのいくつかを上り用にする、と言う形でTDDを実現しています。当然ながら、この上り用 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

DIGNO Sを買っちゃいました from wnyan.jp

2012/11/22

こういうことはあまり早くに明かしてはならない。しかし、遅すぎても旬を逃すのである。まぁそういうわけで(?)、DIGNO S買っちゃいました。

ARROWSがもうヤダとかそういうわけじゃなくてですね、なんというか、いろいろと重なってですね、あまりに忙しくて残業代が○十万円とかになってストレス発散に超無駄遣いしたいと思ったところにそろそろスマホでも買うかなんて言ってくる家族がいてそれにつきあうだけだったはずなのになんだか発売されてるのを見つけちゃってこうなったらもろともよということで買っちゃった的な流れですよ。あー、やっちゃった。

とりあえず、DIGNO Sに変えてから改めてARROWSを振り返ってみると。あれですね、NX!Inputが快適すぎた。あの入力は、やっぱり最強でした。DIGNOに変えてからいくつも手書き対応のIMEを入れて試してみましたが、あれに勝る精度と使い勝手のものは一つもありません。かなり崩して書いても認識するし、入力最初の方の文字の認識修正もあとで出来るので気にせずにダダーッと書いちゃってから認識を修正できるし。何より筆跡への追従性が抜群。ほかの手書き系IMEはとにかくツーテンポ遅いし筆跡がカクカク。認識も遅い。富士通さん、NX!Input単体で売りませんか。

さてそれは置いといて、DIGNO S。まぁなんつーか、とりあえず買ってから少し経ったんですが、・・・何とも退屈なスマホでした。機能としては。特に優れた機能があるわけでもなし、通話もしないのでソニックなんちゃらの出番もないし。まぁそんなやつがなんでDIGNOなんだよと言われたら、そりゃもう一つですけど。

バッテリがアホみたいにもちます。そりゃバッテリ容量最大とか言って売ってるんだからそうじゃないと困るんですが、ほらよくあるじゃないですか、バッテリ増やしたんだけどお手製アプリとかの省電力の作りこみがお粗末になって結局増えた分自分で消費してました、的な。それがないです。っていうか、余計なアプリがぜーんぜん入ってないのが素晴らしい。まぁau系のヘンなのは結構入ってますが、スマートパス使ってるとあれはあれで結構使うんで、本当に、全く無駄がない内容になってました。

そのおかげか、スペック上は1.7倍しかバッテリは増えてないんですが、体感的には2.5倍は持ちます。ARROWSだと家を出て通勤中ちょっといじって会社に着いたら6 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-11-21] from wnyan.jp

2012/11/22

NOTTVで新種メディアを開拓、コンテンツの可能性は無限大
いまいち従来のテレビと何が違うのかわからないNOTTV。結局書いてあることは、NOTTV端末がすべてドコモスマートフォンであるっていう前提だからできること、に終始していて、モバイルマルチキャストサービスそのものが通信事業者を経由しない商流で広がる可能性を一ミリも見せてくれてないようです。正直、390円のスマートパスと420円のNOTTV、どっち取りますかって言われたら即答でスマートパスですわ。そのくらい魅力に段違いの差があります。ただ、最後の最後で、IPマルチキャストによるオフロード、っていう、私がずーーーーっと昔から主張していたことにようやく触れてくれました。そうなんですよね、IPマルチキャストが可能なら、共通部分をマルチキャストで送信し差分だけをユニキャストで配信する、っていう方式で携帯電話網の負荷を大きく減らせる可能性があるんですよ。ただ、そう考えると放送技術出身のISDB-Tmmよりは、通信技術出身のMediaFLOの方がはるかにその用途には使いやすいシステムだったわけで。その辺は、どんなふうに技術展開してくれるのか楽しみにしたいところです。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

2.5GHz帯の追加割当 from wnyan.jp

2012/11/21

2.5G(2.6G)帯の新割当に関して、WCP、UQはともかく突然ドコモも出てきていて、どういうことになりそうか解説が欲しいです、と言うお便りをいただきました。

前にもちょろっと書きましたが、2.5Gの上の方は衛星放送的サービスのモバHOで使ってて、そこが空いたので国際割当に従って無線ブロードバンド向けにさらに割り当てますよ、ってことになってて、どんな人が使いたいか募ってみたらさりげなくドコモが、っていうのが、今の状況。

どういう風に使いたいのか、ってのをおおざっぱに整理すると、ドコモ以外が、要するにTD-LTE。AXGPとかWiMAX2.1とか言ってますが、どちらも中身はTD-LTE。WiMAX2.0までが由緒正しきWiMAXで、その採用の可能性も(地域WiMAX事業者などでは)ありそうな要望内容ですが、まぁ普通に考えて今後デバイス調達がシュリンクしていくであろうレガシーWiMAXを新しく導入するのは筋が悪いですよね。どこに割り当てとなっても、結局はTD-LTEになるだろうと思っています。

さて問題がドコモ。ドコモがここまで徹底的にTD-LTEを嫌うとは思ってなかったんですが、上下非対称キャリアアグリゲーションの下りオンリー帯域として使う、と言っています。

キャリアアグリゲーションってのは、LTE Advancedで採用されている、複数の搬送波を束ねて高速通信を実現する方式。同じバンド内で束ねるのはもちろん、遠く離れたバンドをまたがって束ねることも可能で、さらに、上下ペアが前提のFDD-LTEであっても、上り搬送波は最低一つあればよく、束ねる他のバンドは下りだけでOK、と言うようなモードもあります。

つまりドコモが狙っているのは、たとえば、下り2GHz帯10MHz幅+下り2.5GHz帯20MHz+上り2GHz帯10MHz、みたいな組合せ。これで、下り通信速度を超ブーストできます(上りは従来通り)。この組み合わせだと、200Mbps超が可能です。

ただしこの割り当て方をした場合、ドコモに割り当てられた2.5GHz FDD-LTE下り専用帯域はまさにキャリアアグリゲーション専用帯域となり、単独で使うことはできません。アンテナロケーションや電波伝播の差分などにより2.5G以外か2.5Gかのどちらかしか届かないようなスペースってのは必ず生まれますが、そんなところでは、2.5G帯の電波 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

子にゃんこ保護・・・の続報121119 from wnyan.jp

2012/11/19

「最近にゃんこ分が足りんぞ」とおしかりのメールをいただいたので、続報。

せくしーしょっと。

「ん?」

と言う感じでかなりふてぶてしく居ついています。いつ里帰りするんですか。あなたの里は玄関を出て3秒のところにありますけど。どうなんですか。

相変わらず、人懐っこさはとびぬけています。足音、車の音を聞くだけで玄関まで飛び出してくるようになりました。あ、こいつは危険なので鈴つけてるんですが、玄関前に立っただけで遠くからチリンチリンチリン・・・と近づいてきて、玄関のすりガラスの向こうにぴたっと立って開くのを待ちます。わんこかよ。

あとは、たとえば、単に食器の片づけのためにダイニングとキッチンの間を往復しているだけでも、てくてくと後ろをついて歩きます。いったりきたりするたびにいちいち後ろにくっついてくるんですよ。こんなにゃんこ本当に初めてです。あれですね、イメージ的には、カルガモ親子のヒナ。

ずいぶんでかくなったのにものすごい甘えっこで、とにかくなでろかまえ抱っこしろとうるさいし。右肩に手を乗せるような感じで半身で抱っこすると、足がだらーんと伸びきってご満悦なポーズですよ。ほかのにゃんこは絶対にこんなに油断した姿になりませんよ。

一方、他のにゃんことの仲の悪さはあまり変わらず。もちろん、寝るときは当然のようにくっついて丸まって寝たりするんですが、相変わらず勢い余って噛みついて怒られてます。一匹は、完全に近づくのを警戒するようになって、近づくだけでシャー!です。唯一一番でかいやつだけは近寄らせるんですが、近寄って行って何となく甘えて勢いでガブっとやって怒られています。でかいやつは本当に気が優しくて怒るといってもにゃーっと言って頭をぱしっとやるくらいだったんですが、それが効かないのがわかってきたのか、最近は、叱るのに結構本気パワーを出して押さえつけるようになってきました。それでも懲りないんですよねぇ。

自分から突っかからなければ絶対に誰にもやられないと気付いているのか、こんな感じでゴロゴロと油断しまくりの毎日です。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-11-16] from wnyan.jp

2012/11/17

【プレスリリース】各種お手続き・お問合わせに係わる受付体制の変更および新たなサポートサービスの開始について
これはひどい。なんだよ、「手続き一回300円」って。ひどすぎる。もちろん、MyWILLCOM使えって意味でしょうけど、私くらいのウィルコムオタクになると、MyWILLCOM手続き対象なんだけど最後の最後で「お客様のご契約はこのページからは手続きできません、オペレータにどうぞ」とか言って弾かれる回線いくらでも持ってますからね。本当に、いろいろ入力して、確認して、「実行」ってところまでボタンを押したところで、あんたの回線はダメー、って言われるんですよ。そういうのも、1回300円にカウントされるんですよ、間違いなく。いや、もちろん、そういうのは対象外って表向きは言うんでしょうけど、ウィルコムはそういうところで確実にミスをやらかす会社です。電話でこれこれこういう事情なんで無料ですよね→はい、と言うところまで確認しても、翌月請求書に入ってるわけですよ。っていうか、そういうめんどくさい事情がある人を除いたとしても、インターネットでの手続きができない人なんて山ほどいますよ。環境的な理由とかスキル的な理由とかで。請求書を電子化して紙でほしかったら追加料金ね、ってドコモ以外やり始めたと
きも、なんか汚い手で小銭取ろうと必死だな、とか思ってたんですが、とうとうサポート一件当たりで金取るようになっちゃいましたよ。なんか、ウィルコムがどんどん残念な会社になっていきます。しょんぼり。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

KDDI LTEエリアが本当にすごすぎる話 from wnyan.jp

2012/11/08

いや、自分でやっといてなんですが、例の局数まとめの数字見てるとKDDIのLTEエリアがすごいことになってそうな局数で、ちょっと期待してて、でようやくエリアマップが公開されたっぽいので見てみました、っていう話なんですが。

私が、エリアを確認するときに主にリファレンスとして使っているのが、私の実家。もちろん身元バレはいやなので公開しませんが、2000年代前半はドコモmovaとウィルコムPHSしか入っていない場所で、FOMA?au?何それ?みたいな場所だったので、各キャリアがどのくらい本気でカバーしに行ってるかが良くわかる場所なんですよね。

もちろん、その後、FOMAもプラスエリアで入るようになって(でも居間の床に置くと圏外になるけど→レピータ入れてもらいました)、それからしばらくしてauも入るようになって(こちらはとりあえず床においても大丈夫)、ウィルコムが入らなくなって(オイ)、ソフトバンクは未だにエリア端が2km先をうろうろしてて、っていう状況で、まぁこのイメージが私の中の各社のエリアの実力そのものなんですが、そこを基準にしてLTEを見てみますと、っていう話になるわけで。

ドコモLTEは、実家の最寄の役所(市役所支所=5km先)さえもカバーしてなくて、完全にアウト。一番近いエリア端が7km先です。これはひどい。ソフトバンクは、4G(AXGP)の方が実家から1kmくらいのところに端っこ、4G LTEが2km先のところに端っこがある感じでいずれも支所はちゃんとカバーしてます。なんだかだでソフトバンクはとりあえず持ってるロケーションのところまでは頑張って攻めてるってことですね。ウィルコムPHSロケーションにもちゃんとAXGPが建ってるみたい(でも実家まで届いてないけど)。ドコモ弱。

問題のKDDI。マップ見たら、3Gと全く同じでした(拡大してみると申し訳程度に端っこが30メートル縮んで見える、くらい)。拡大予定とかじゃなくて現況エリア内。本当の端っこは実家から数km山奥に入ったところにあるので、たぶん居間の床においても大丈夫。800MHz使ってるからとはいえ、これはちょっとすごいことになってるみたいです。さらに免許情報見ると、800MHzのLTE基地局はほぼ全部10MHz幅(75Mbps対応)だからうちの実家も75Mbpsエリアってことなんですけど(まぁその「ほぼ」から外すのが我が実家クオリティ …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »