PHS-MOBILE.COM
モバイル版
モバイル一般記事は無線にゃんで更新中!

コメント投稿はここからユーザ登録をしてください


phsmobileのtwitterを見る

070を持とう!

24時間定額対決


シンプルな定額。WILLCOM


ソフトバンクでお困りの方へ

データ通信レスポンス比較

12年10月の記事を閲覧中



更新履歴
なんでも質問箱
「今日の一言」とかで答えるかもです。お気軽にどうぞ





2012/10の過去ログ


BluetoothのAFHと2.4G帯の話 from wnyan.jp

2012/10/30

Bluetoothで採用されたAFHという干渉回避技術について、「2.4Gを使う無線仕様は基本的に干渉を避けるように作られてると思ってたんですがAFH採用前はどうして大丈夫だったんでしょうか」と言うようなご質問をいただきました。またまた専門外(←ていうか専門ってどこだよ)のお話ですが、分かる範囲とあとはほぼ妄想で。

まず、前にもちょっと書いた話。2.4Gとかのいわゆる「ISMバンド」についての簡単なおさらい。ISMバンドってのは、何かの装置や工程や実験や治療法などでどうしても不要電波をばらまかざるを得ないような用途向けのバンド、ってのが出自。たとえば電子レンジ。家庭用電子レンジでも出力が1000Wとかあるわけですが、これは、無線の世界の電波強度であるμW~mWと言う単位から比べると百万倍です。携帯電話の基地局でさえせいぜい10Wの桁、大きなものでもせいぜい30W程度と言うことを考えると、1000Wがいかに巨大な電力か、と言うのがお分かりになると思います。

ここまで巨大な電力なので、いくらしっかりしたシールドをしても、当然漏れまくります。こういった、「アホみたいに巨大な電力の電磁波を使いたいけど漏れちゃうのが困るよね」と言ういろんな用途向けに、「じゃぁ、この辺なら漏らしまくってもいいですよ」と国際的に指定したのが、ISMバンドです。

そんなわけで、ISMバンドを使う通信機器については、「時々すごい干渉が入るけど我慢してね」と言うのが唯一の公式要求。なので、2.4G機器は、基本的に「干渉を避けなければいけない」とか「他の機器に干渉を与えないように気を付けなければいけない」と言う厳しい決まりはありません(帯域外発射は別問題として)。

ってことで、通信が途切れたりしてもいいのなら、別に干渉回避の仕組みなんてそもそも不要なんですね。後は、いろんな方式が独自に自助努力として「ヘンな干渉を受けても品質が落ちにくい技術」を磨きまくっているわけです。

で、Bluetooth。AFHはまさにそういう「干渉を受けても品質が落ちにくくなる技術」の一つ。Bluetoothが使っている基本方式は周波数ホッピング(Frequency Hopping; FH)。送信される信号を乗せる周波数を超高速で変化させる方式。帯域の中で信号ある位置がランダムにぴょんぴょんと跳ね回る様を「ホッピング」と言っていますが、その超高速 …

続きは無線にゃん


ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-10-25] from wnyan.jp

2012/10/26

アマゾンの電子書籍端末Kindle、日本でも11月19日発売
そうそう、ようやく出ましたね、国内版Kindle。国内書籍をちゃんと買って読めるというのは魅力的。なんですが、やっぱりタッチ端末だけになっちゃいました。ちょっとがっかり。で、もう一つがっかりと言えば、3G版ですね。3Gはドコモ網利用なのですが、これが国内のみ。米国版ならほぼすべての国で3G(ないし2.5G)が使えちゃうわけで、この機能差分はちょっと痛い。知らない国に行っても何の手続きも無しに簡易WEBアクセスが出来ちゃうビジネスツールという裏の顔がなくなっちゃいました。あえて日本版Kindleを買う理由がなくなりますねぇ、これだと。SonyのReaderとかでもいいじゃん、的な。フロントライトは欲しいけど。と言ってフロントライトがあるからと言ってKoboはあり得ないですが(苦笑)。まぁ、ある意味今持ってるInternational版Kindleを海外に行くとき用、新Kindleを国内持ち歩き用、と使い分ける前提で一つゲットしてみるのもよさそうですけどね。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

twitter @wnyanjpについて from wnyan.jp

2012/10/24

10月に入ってからtwitterでのつぶやきが停まっていました。昨日気が付きました。

twitter側で何か仕様変更があったっぽいけど突き止めるのも面倒なのでスクリプト丸々書き直しました。

今日以降は多分大丈夫です。

あと、ついでにtwitterの状況を見てみたら、「@メッセージ」をたくさんいただいていて、放置状態になっていました。すみません。

ただ、基本的にはtwitterの@メッセージには返信はしません。自動つぶやき専用アカウントです。直接のメッセージをご希望の方は、メールフォームをご利用ください。

それでは今後ともよろしくです。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-10-23] from wnyan.jp

2012/10/24

LTE$B$G?J$a$h$&4k6H%M%C%H$N%U%!%$%P!e$2$k5;=Q$O$$$m$$$m$HF3F~$5$l$F$-$F$$$^$9$,!”J?6QE*$JL5@~IJ$N>l=j(B)$B$K$*$1$kL5@~MFNL$O5;=Q$,?J$s$G$b$[$H$s$IJQ$o$C$F$$$^$;$s!#C1$K!”0l?M$K$?$/$5$s$N%j%=!iD9$K4X$7$F$b40A4$K9M$(J}$r4V0c$($F$$$^$9!#0l$D$NG[4I$NCf$K8w%U%!%$%P$rFsK\DL$7$F!V$O$$>iD940N;!W$H8@$C$F$k$N$HF1Ey(B($B$3$l$,$I$l$@$1$*$+$7$J$3$H$+!”@h$NBg?L:R$r;W$$JV$;$P$o$+$j$^$9$h$M(B)$B!#$3$NNc$G$$$&!VG[4I!W$H$O!”L5@~DL?.$G$O!V6u4V$=$N$b$N!W$G$9!#6u4V$r6&M-$7$F$$$k0J>e!”F1$
8>l=j$G$OF1$8$h$&$KL5@~$OI/Gw$7$^$9!#!V%$!iD9!&%@%$%P%7%F%#$r8z$+$;$F$$$1$P!”:G=*E*$K$OF1$8>l=j$G$O$9$Y$F$N%-%c%j%”$,F1$8$h$&$K:.;($7$^$9!#>/$J$/$H$bEAAwO)$N:.;($,(B1$B?D$NCf$KJD$8$k8w%U%!%$%P$H$O40A4$K0c$$$^$9(B($BCf7QLV$NOC$OCV$$$H$$$F(B)$B!#2DG=$J8B$j:.;(%W%m%U%!%$%k$NAj4X$,>.$5$JLVF1;N$rB+$M$k$N$,K\Ev$N%@%$%P%7%F%#!#$D$^$j!”!V40A4@jM-$G$-$k$1$IJ*M}E*GK2u$K$BL5@~$K$c$s(B
$B$G(B

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

LTE (4.1 eCSFB) from wnyan.jp

2012/10/23

さて長いことサボってちょっと質問が溜まり気味の今日この頃。ってことで、古い話題ですが、iPhone5発表&KDDIとSBMがLTE始めますに関連した質問を山のようにいただいてる中で一番多い質問、「eCSFBってなんですか?」っていうものを取り上げてみます。

これは、ちょっと前に書いた、LTEと旧システムの連携方式の一つです。で、そんな中でも、KDDIが「超速いよ」と自慢しているとかで、質問がたくさん来ているようで。

仕様書もあんまり細かく読むとめんどくさいので簡単に、3GPPのStage2部分のみを読んでみた感じ。

WCDMAのCSFBでは、LTE上で発信を開始したり、着信(ページング)を受けたりすると、LTE上で「PSハンドオーバしますよ」と言うメッセージを投げた後、WCDMAに遷移し、制御チャネルを張って発信手順を踏みなさい、と書いてあります。これが、ふつーのCSFB。

で、e (Enhanced)のついてないCDMA2000のCSFBも大体同じことが書いてあります。PSのハンドオーバと言う手順を経ないだけで、基本的にはLTEを手放してCDMA2000の通常の音声発信手順でつなげばー、って感じ。

で、問題のeがついているタイプのCSFBですが、UEはLTE上で発信手順を済ませてCDMA2000の通話チャネルの情報をもらい、CDMA2000に遷移した後、UEはCDMA2000通話チャネルを「レジュームする」と書いてあります。ってことは、あたかもそれまでCDMA2000通話チャネルがあったかのようにふるまえ、ってことみたいです(電波悪くて瞬断したとかハンドオーバした直後みたいに)。つまり、端末も基地局もあたかも通話チャネルが前からありましたよーって感じで送受信を先に始めちゃうってことですね。そりゃ速いわな。

WCDMAにももう少し速いタイプのCSFBがあるようですが、UEがWCDMAに遷移した後にいろいろやんなきゃいけない手続き(たとえば位置登録エリア情報を見て最適な交換機を選ぶとか)をLTE上で出来るけど、基本的には制御チャネルを張って発信手順を開始する、ってところは同じみたいなので、「レジューム」しちゃうタイプのCSFBをするCDMA2000には速さでは到底かなわないでしょうね。

ただ、普通に考えると、たとえば単純に通話用の個別トラフィックチャネルを割り当てるとしても …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-10-18] from wnyan.jp

2012/10/19

au、2012年冬モデル10機種を発表
そういえば昨日発表されてます。まぁやたらとエリアの広そうな800M LTEに対応してるのは興味深いけど、あとはありがちなベタスマホでつまんない感じ。まぁ良いんですけどね、メインはドコモ、サブはほかのスマホ、って感じで当面運用するつもりなので。ドコモさえフィーチャーフォン出してくれれば。スマホも、この中のどれかに買い替えるかも。なぜなら、職場がWiMAXが入らないところに移動させられてしまったので。ひどい。800M使ってるLTEならさすがに入ると予想してるけど、どうかなぁ。冬でも温かくスマホをタッチ操作! 男女用でデザインが異なるスマホ向け手袋
は!?ARROWSなら手袋なんてなくても冬でもあったかですけど!?全季節常時暖房機能搭載スマホはARROWSだけ! …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ドコモの3倍速サービスと電波の使い方の話 from wnyan.jp

2012/10/18

ドコモが100Mbps超のLTEを始めますよ、と言うアナウンスがあったことについて、「これっていったい何モノ?」と言うご質問をいただきました。もうわかってる人は死ぬほどわかってる話だとは思いますが、ふつーの生活をしているといきなり3倍ですと言われてもにわかに信じられないのも仕方がないわけで、今日はこれを平易に解説してみたいと思います。

ドコモが現在、大半のエリアでサービスしているのが、37.5Mbpsと表記される速度でのサービス。で、一部エリアで75Mbpsでますよーと言っていますが、まぁたいていの人はこのエリアに当たることはほとんどないと思います。おおざっぱに言って、37.5Mbpsがドコモのサービスのベースです。

さてここでXi=LTEの仕組み。LTEは、もちろん携帯と同じく電波を使ったサービスです。で、ざっくりと言うと、電波を使ったサービスでは、「電波を使う量」で、その最大通信速度がほぼ決まってきます。※良くわかっている人向け: それ以外のアンテナ数やチャネル構成が等しいとして。

で、電波を使う量の単位が、「Hz(ヘルツ)」。これをどのくらい使うかで通信速度が変わってきます。ちょっと余談になりますが、昔は、1Hz=1bpsくらいが相場でした。なので、100万Hz(1MHz)を使うと1Mbpsの通信速度と言うのが相場。だったのですが、最近はこれがものすごく改善して、1Hzで数bps出るような仕組みが作られています。LTEも大体この仲間。

で、ドコモでは、今、LTEで「5MHz」を使ったエリアを多くの場所で展開しています。この5MHzで出せる最大速度が、37.5Mbps。ここまで書けばほぼ答えですね。

LTEは、使う電波の量を柔軟に変えられるということも大きな特徴の一つ。最小で1.3MHzから、最大で20MHz (さらにもっと多くも将来は可能)を使って、しかもそれが同じキャリアで混在して使うことができます。なので、ドコモも、多くは5MHzを使っていますが、一部のエリアで、10MHzを使ったサービスをしていて、このエリアが75Mbpsエリアと言うわけです。となれば、15MHzを使えば、これが自然に112.5Mbpsになることは想像通り。

さて、こうなると、「じゃぁなんで全部のエリアで15MHzとか20MHzとかを最初から使わないのか」と言う質問が出てくると思います。これに関して …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

各社LTEエリア展開状況(常時更新) from wnyan.jp

2012/10/17

先日のLTE展開プランのアップデートの図が思いのほか好評だったのですが、毎回作るのがめんどくさいのでスクリプトで自動で作るようにしました。

下記がその図です。

一応毎日更新ですが、免許情報が更新される月3回くらいしか情報は反映されないと思います。

一応このエントリから常時最新情報画像を参照していますので、参考にどうぞ。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-10-12] from wnyan.jp

2012/10/13

ソフトバンクの Sprint Nextel 買収報道、Sprint は協議中と認める
ていうか、今度はそっちですかぁって感じなんですけど。でも、本当にシナジーがあるんですかねえ。唯一の接点は2.6GのBWAを子会社がやってるというだけ。どっちかと言うと、ほぼ同じ800Mバンドを持ち、CDMA2000をベースネットワークとし、筆頭株主子会社が2.6GでWiMAXをやりつつTDへの転換を模索中、って辺り、KDDIのコピー会社ですよね、Sprintって。いや、もし将来のKDDIへの仕かけを見すえての仕込みだとすればすごい大担な戦略だなーとは思いますが、現時点では採用技術が違いすぎてシナジーが出ることが信じられないです。 ドコモ、2012年冬モデルを発表
久々にフィーチャーフォンたくさんキター。と言ってもやっぱりLTE非対応ですけど。っていうかほぼ前のモデルまんま焼き直しですね。それでも出ないより全然マシですが。なんかね、LTEチップになるとプラットフォームから書き直さないといけないなんて話があって、Androidならその部分ができあがってるけど、独自OSのフィーチャーフォンだとコストがかかりすぎてやりたくないみたいな話を聞くんですよ。もし今後チップの供給側がラインナップの集約とかいって古いチップを一掃したら全滅するような立場なんですよね。そういう噂を聞くもので、もっとフィーチャーフォンに力を入れて開発してほしいと思うんですが、まあ営利企業のやることなので仕方ないっちゃあ仕方ないんですが。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ソフトバンクがイー・アクセスを買収の話 from wnyan.jp

2012/10/02

うわーしばらくニュース見てないうちに大変なことに。

ソフトバンクとイー・アクセスが経営統合ですって。まぁ実質、ソフトバンクによる買収なんでしょうけど。やっぱりオーナーが安定株主の会社は強いですね。どんなにギリギリまで余力を吐き出しても絶対に買収されたりしないっていう安心感から常時全力勝負ができるという強みがあります。

んなことはどうでもよくて、この影響です。正直、イーモバの加入者状況はあまりよろしいものではなさそうで、加入者速報をしなくなった辺りからちょっと経営的にも怪しげな感じがしていたくらい。なので、そもそもの顧客基盤吸収と言う効果は限定的かもしれません。

インフラでいうと、イーモバのインフラは、結構良いんですよ。前にもどこかで書きましたが。無用な基地局数競争なんていう土俵に乗らなかった分、セオリー通りにきれいなインフラが作られています。ただ、やっぱり地方で弱いのは相変わらずですし、面的な拡大はあるころから急減速していることを考えると、ソフトバンクのエリアを面的に補完するという意味はそれほど強くなさそうです。

やっぱり重要なのは、厚み、つまり周波数でしょうね。イーモバが持っている周波数を全部ソフトバンクが使えるようになる、と。この件で、ソフトバンクは900MHzも700MHzもまんまとゲットできたことになります。いや正直、700MHz事業者選定の時点ではこの辺の話の大枠はほぼ決まってたんじゃないかなーなんておもうわけで、なかなかうまいことやったもんです。

で、「そもそも700の割り当ては900割当にならなかった事業者に限ると言う決まりはどうなんだ」、と言うご質問もいただいているのですが、これはもう過去の事例を見ればわかる通り、割り当て時のルールそのものは、割り当て後の再編にはほぼ適用されないという慣例が出来上がっています。また、経営統合とはいえ事業者は違うんですと言い張ればこれまた遡上適用すべきと言うことになったとしても問題なし。どっちにしろ、この辺のルールは適用されないし、適用されないことをとっくに行政との間でも調整・確認済みだろう、と言うのが私の考え。その程度の調整もせずに認定事業者同士の合併をするなんてことは考えられないので。

あとは、1.7G帯域の話ですね。iPhoneで使えるとか使えないとかそういう話。一応、理屈上は使えるはずです。ただし、日本の1.7Gのバンド9 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »