PHS-MOBILE.COM
モバイル版
モバイル一般記事は無線にゃんで更新中!

コメント投稿はここからユーザ登録をしてください


phsmobileのtwitterを見る

070を持とう!

24時間定額対決


シンプルな定額。WILLCOM


ソフトバンクでお困りの方へ

データ通信レスポンス比較

12年05月の記事を閲覧中



更新履歴
なんでも質問箱
「今日の一言」とかで答えるかもです。お気軽にどうぞ





2012/05の過去ログ


携帯電話が地下鉄で混雑のワケ from wnyan.jp

2012/05/31

だいぶ前に、地下鉄駅構内でドコモの携帯電話がほとんど使い物にならない、という話を書きましたが、最近は、auの方も結構ダメダメになってきました。スマホなのでパケットにつながってるのかつながってないのか辺りが少し不明瞭なのですが、通信状態を表す矢印を見ていると、上り方向は点滅するけど下り方向が全く点灯しない、という感じ。これはあくまで上位プロトコルから見た状態なので、おそらく、無線がちゃんとつながってなくて、上位から見ればデータを送ったつもりなんだけど、たぶん下位プロトコルのところで完全に滞留している(無線がつながってないので)、という感じだと思われます。

さて、この話を以前にも書いた時、ほかの地上のターミナル駅でも結構ひどいよ、というお話もいただいたり、あるいは、「地下だからしょうがないじゃん」的なコメントもいただいたりしたのですが、よく御存じの方から見れば「地下だからしょうがない」というのは至極当然かと思われますが、今日はそのあたりの話を少し。

私が特に地下鉄駅を取り上げたことには、やっぱり意図があるというか、だからこそ地下鉄駅を、というのがあります。それは、地下という閉鎖性が問題です。

今現在、地下で携帯電話が使えるのは結構当たり前になっていますが、特に地下鉄駅などの公共の地下で携帯電話が使えるようになるのにはいろんな紆余曲折があったりなかったりするわけです。とにかく何を置いても問題になるのが、「基地局をどこに置くのか」です。

確かに普段、地下鉄の駅構内で天井を眺めたりしても、そこかしこに入り口があってあちこちに無駄なスペースもあって、携帯電話の基地局なんてどこに置いたっていいじゃん、と思うこともわからないでもないのですが、一方、地下鉄事業者にも地下鉄事業者なりの言い分があります。すなわち「あれは無駄なスペースなんかじゃない」と。

地下掘るのだってタダじゃないし、出来るだけ効率よく必要な装置・機材を収容できるように作るのは当然の話で、そういう前提であるにも関わらず何か無駄っぽいスペースがあるってことは、それは、たとえば保守・作業用のマージンとして必要欠くべからざるものであったり、あるいは、地下鉄事業者自身が将来的に装置設置のために確保してあるものだったりするわけです。それを赤の他人にホイホイと貸すかというと、それも無理のある話でしょう。

もちろん、スペースに十分な空きがあった …

続きは無線にゃん


ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-05-30] from wnyan.jp

2012/05/31

当分はコストダウンより機能競争を進める…ソフトバンク孫社長
コストダウンよりも競争を優先する、もう少し翻訳すれば、戦略的にコストを増して(仮に利益を削ってでも)競争力をつける、ということです。こういうことをリーダーシップをとってできることが、孫先生のすごいところです。ドコモやKDDIでは、コストを大幅に増すような施策を提案したとたんに社内の抵抗勢力が一斉に袋叩きにする風潮があるようで、結局は、コストを増やさない範囲での穏やかで保守的な施策しか打てなくなっているようですね。なんで数千億の利益のある会社があんなに保守的なのか、不思議なくらいですよ。ドコモ(というかNTT)でもKDDIでも、不振のウィルコムを二束三文で買って帯域やシステムやロケーションや顧客基盤を活用すればいいのに、という話はあったらしいんですが、結局はその二束三文の「コスト」さえ目の敵にされて消えて行った、なんていう噂話も聞こえてきます。結果を見れば、本当に二束三文でウィルコムを買ったソフトバンクがTD-LTE 110Mbpsというトップスペックを広告に載せられるようになっていますよね。コストに対して即リターンを求めず、先の先を見たコストのかけ方をする、教科書レベルの当
たり前のことだと思うんですが、当たり前のことを当たり前に実行していく意志の強さ、リーダーシップ、それが孫先生の強さだと思います。いや、5年もしないうちに、ドコモもKDDIもソフトバンクに追い落とされるんじゃないかな、ほんと。【ワイヤレスジャパン2012】
ドコモ山田社長が中期経営ビジョン解説
ネットワーク上に機能を埋め込んで行って端末をシンクライアント化していくというコンセプトを語り、これをもって「単なる土管化を防ぎたい」と言っているわけですが、私はこれは時期尚早、というか、それを前提としたサービスを基本に据えることは根本的に間違ってるだろ、と思わざるを得ません。言っちゃぁなんだけど、他のキャリアも含めて、「単なる土管」にさえなれてないよね、実際。地下鉄トンネル内は相変わらず圏外だし都市部では網の輻輳でパケットが通らなくなることなんて日常茶飯事。当然、エリア化されていない地域もまだまだ多く、ちょっとしたお出かけでも圏外に当たることはいくらでもあります。何より(高額な料金を払わない限り)海外は圏外だよね。ということを本当に自覚してないんですよ、この発言は。通信が電波や線に頼ったサ …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-05-29] from wnyan.jp

2012/05/30

PHS×3GのAndroidスマートフォンDIGNO DUAL
誰が買うんだコレ。PHSシングル待ち受けできません、PHSデータ使えません、メール引き継げません、ライトメールも使えません、次世代方式対応していません、その上3年契約で6755円という基本料で選択肢ありません、売る気ないだろこれ。まぁ、前に私が言った、「3G容量節約のために音声だけをこっそりPHS網にオフロードするためだけにPHSシステムを使う」というコンセプトにものすごく近いんですけど、だったらソフトバンクで出せよ、って話ですよ。どっちにしろ既存PHSユーザには全く関係のない端末。PHSの特長の一つ、アホみたいに長い待ち受け時間も、3G常時待ち受け+Android採用という合わせ技で完全に殺されてるし。言っていい?これ、スマホ時代に対応しただけの劣化版ドッチーモだよね。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-05-28] from wnyan.jp

2012/05/29

電車・高速道路・地下街…、スマホが切れにくいキャリアをICT総研が調査
まぁなんつーか、順当な、というか、予想通りの結果。でも、本当に不思議なんですよね、ソフトバンク、あれだけエリア投資しているのにどうしてやっぱり「切れやすい」になっちゃうのか。いや実はちょっと小耳にはさんだ話というかあれなんですけど、都心では、すでにソフトバンクが一番容量に余裕があるキャリアになってるみたいなんですよ。ちゃんと計ってみると、実はソフトバンクが一番チャネルに余裕があるらしい。んですけど、なんかやっぱりどこかにヘボい設計が残っちゃってるんでしょうね。この辺を一掃するまでは「切れやすいキャリア」の汚名はついて回るかもしれません。逆に、一番インフラが強いとされるドコモは、音声に関しては十分な強さを見せながらも、データに関しては散々な結果。郊外は良いんですが、都市内の電車移動では一番ダメと言う結果が出てしまいました。イメージ的に、音声容量確保のためにデータの切り捨て閾値が低めになっている、って感じでしょうか。この辺は割り当てポリシーの問題なんですが、そもそも、ドコモはAndroid一本状態でデータ容量は相当逼迫していることがうかがわれます。で、何となく平均的にいい感じな
おかげで結果として切れにくさトップになってるau、って感じですね。Androidが完全に主流になる前にiPhoneを出したのがよかったのかもしれません。そうそう、調査結果、本当に0.数%の争いで、そんな差に意味はない、と言ってしまいたい気持ちもあるんですが、接続成功率とかで1%の差と言ったら通信インフラ的には「大差」ですからね。50馬身くらい離れた大差。そういう気持ちで結果グラフを見てみると、あードコモのあれは相当やばいな、とか、あー、イーモバ的にはあの辺のセクションは完全に捨ててるね、なんてのが見えてくると思います。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

700MHz帯割当方針に関するコメント from wnyan.jp

2012/05/28

少し古いですが、700MHz帯について、「米国と合わせるべきだと思いますか?」「10MHz3社という総務省方針についてどう思いますか?」という趣旨のご質問をいただいていました。ちょっと思いつきで軽く。

まず「米国と合わせるべきか」については、合わせちゃダメ、と思います。というか基本的にすでに結論は出ているので今更どうこう言う話でもないのですが、米国700帯は、世界有数の「ガラパゴス帯域」です。あんなにめんどくさい帯域も珍しいくらい。というのが、米国での放送とかのいろんな電波利用に関して、州間差異などの歴史的な経緯でへんてこりんな分け方になってそれぞれをブロックなんちゃらと呼んでいるわけですが、確かに米国が圧倒的大国だからこそそれでも何とかエコシステムが成り立っているだけで、もしあんな割り当てを極東の小国がやったら誰も見向きさえもしないくらい、意味不明で非効率な帯域ブロックになっています。

もちろん、米国がやってるから合わせれば多少は恩恵が、ってのもありますけど、それを補って余りあるほど非効率。米国内でさえあの辺のバンドはさまざまなしがらみで地域的にいろんな制限が入っているようで、フルの能力を活かしきれないだろうと思いますが、そんな非効率なやり方をわざわざ輸入する必要はないかと思うわけです。日本は徹底して欧州方式を踏襲するのがよく、欧州でまとまらないのならアジア地域で率先してまとめてしまえばよろしい。ってことで、アジア主導でまとめた今の日本割り当てプランは、今のところはもっともまともなプランになっています。

なってはいるんですが、それでも欧米でそれに追従する動きは乏しく、アジアでも整備の動きはまだそれほど活発ではないため、当面は「日本ガラパゴス状態」に近いかもしれません。また、日本独自事情でいえば、その上の800MHz帯からの被干渉が問題になりつつあるようで、結構使いにくいバンドになってしまいそうな印象です。

次に、10MHz3社という総務省方針について。これは、単に、「最初、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社で700と900を均等に割り当てればいいやと思ってたけど、なんかイーモバイルもすごく欲しそうだから700を三つに割ることにしました」ってだけだと思います。いやほんと、それ以上の合理的な理由はないはずです。

技術的な合理性でいえば、むしろ700を三つに割るなんてのは効率を下げるだ …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-05-25] from wnyan.jp

2012/05/26

$r$d$l$l$P$$$$$s$G$7$g$&$1$I!”$^$!(B7$B;~4V%/%i%9$N;n83$r2?2s$b!”$C$F$N$O8=P!K!#!Z(BWireless Japan 2012$B![A`:n@-9-$2$k?75;=Q!*(BNTT$B%I%3%b!”F)2a7?N>LL%?%C%A%G%#%9%W%l%$C$BL5@~$K$c$s(B$B$G(B

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-05-24] from wnyan.jp

2012/05/25

ドコモLTE、1.5GHz・15MHz幅の帯基地局運用開始
免許情報でドコモが15MHz幅の展開を開始したことが確認されたようです。端末の心配、とありますが、基本的にはLTEでは基礎的適合試験で1.3MHz~20MHzまで(バンドによって最大幅は違いますが)を確認することが義務付けられていますので、たとえば「バンド1(2GHz帯)対応です」と宣言する端末は必ず20MHz幅まで対応してなければなりません。もちろん、20MHz幅での運用のための国内基準は3GPPから自動的にコピーされているので、3GPP準拠の適合試験を行えば、国内法に則った20MHz運用が可能です(そのために、各国電波法の最大公約数が3GPP基準になっているので)。余談ですが、それでも「最大公約数」の見つからない特殊な例(たとえば日本のPHS帯域の保護規定)については、さらにネットワーク情報との組み合わせで端末動作を規制するような仕組みが入っています。たとえば、日本を意味するネットワーク情報が見えたら、端末は○○MHzより下の帯域では××の動作をしなきゃならない、みたいな感じで。もちろんこういうのもとっくに整備されているので、ドコモ保有のバン
ド1なら端末はほぼ制限なく最大帯域(20MHz)で動作可能になっているはず。ただ、電波法上の規定との関係でいえばこうですが、それとは別に、端末それ自身の処理能力という問題もあって、バンド幅に関わらず、通信速度などによってカテゴリ分けがされていて、それを宣言する仕組みになっています。たとえば、「自分カテゴリ3なんで下り100Mbpsが限界っす」って感じ。この場合、20MHz運用で最大150Mbpsが出せるとしても、その端末には100Mbpsしか割り当てることができない、って感じで端末能力を考慮した割り当てが行われることになります。なんか話がそれまくりましたが、LTEでも端末が頑張るのが前提で、インフラさえ強化していけばどんどんバルクの能力を上げていけるようなシステムになってる、ってことです。【SPEED TEST Vol.5】公衆無線LAN、どこが快適か?
あんまりコメントする意味もないような記事なんだけど、結局、無線LANって時点で事業者ごとの比較には何にも意味がないんですよね。みんなが同じ帯域を取り合ってるだけだから。そうなると、AP数が多いほど(バルクでの)スループットは大きくなるわけで、ソフトバンクの「 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ニュースコメント[2012-05-23] from wnyan.jp

2012/05/24

$B%U%l%C%D(B $B8w$G$N(BIPv6$B%$%s%?!;X$7$G%$%s%A%-(Bv6$B8F$P$o$j$5$l$?(BNTT$BEl@>$,!”%[%s%b%N(Bv6$B$N3HBg$KK\9x$r>e$2$=$&$JJ70O5$$G$9$,!”$=$b$=$b$N%U%l%C%DLVFbMQ(Bv6$B%”%I%l%9$J$s$F$$$&%$%s%A%-$/$5$$$b$N$r;H$C$F$$$k$3$He0LAX!J(BIP$B0J>e!K$K4X$7$F$N8+!$BL5@~$K$c$s(B$B$G(B

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-05-21] from wnyan.jp

2012/05/22

世界の携帯電話基地局の場所と電波強度がわかるOpenSignalMaps
あちゃー、いつかだれかやるだろうと思ってたら、とうとう出てきちゃいました。これ、事業者的には戦々恐々ですよ。無線ネットワークが丸裸にされちゃうわけですから。ただ、多分単純なRSSIか何かの数字を使うことになると思うのですが、そうなると、WCDMAとCDMA2000では同じ数字でも全く意味が違いますし、仮にその差を補正するにしても完全に同じ意味の数字=リンクバジェット換算の数字にまで落とし込むには事業者しか知らないいくつかのパラメータを必要とするので、特にKDDIとそれ以外の比較にはほとんど意味はないと思っておいたほうがよいでしょう。この辺、同じLTEになったとしても、事業者毎のコンフィグで同じ電波強度でも品質やサービス可否が全然違ってくるのでまぁあくまで参考くらいに思っておくのがよろしいかと、とコメントしておきます。 2011年度決算から携帯電話メーカーの業績を俯瞰する
あまり記事内容とは関係ないけど、昨年度の決算っていろんな判断の材料に使っちゃダメだと思うんですよ。ってのが、いろんな所で聞くんですけど、昨年度は、とにかくあらゆる赤字要素を2011年度中に消化しろ、って感じで動いていた会社が多いみたいなんです。たとえば、設備をできるだけ繰り上げて償却したりとか、更改を早めたりとか、今年必要な費用を先に使ってみたりとか。ソニーの巨額赤字見ても、おお、これだけ11年度中に赤字を寄せられたんだ、お見事、くらいにしか思いませんでしたもん。震災で大損が出ることは確定したので、だったら12年度のV字回復に向けて赤字を11年度に寄せようという会社が多かった気がします。はい、関係ありませんでした~。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2012-05-16] from wnyan.jp

2012/05/17

$B%I%3%b!”(B2012$BG/2F%b%G%k(B19$B5!$7$?!*%U%#!$7$?!*!&!&!&13$G$9!#$”$kDxEY!”$H$$$&$+$+$J$j$N3NEY$G$3$&$J$k$3$H$OM=A[$7$F$^$7$?!#$F$$$&$+M=A[$7$F$J$-$c$3$s$J%(%s%H%j=q$-$^$;$s!#:#8e!”%3%9%H$N9b$$%U%#!46$,Ev;~$N5-;v$r=q$/86F0NO!#:#99!”$3$s$JH/I=$,$”$C$?$+$i$C$F$7$F$J$s$F$$$i$l$^$;$s!#9%$-$J%”%W%j$,A*$Y$k$+$i$H$$$&$3$H$rLH:aId$K$7$?=P2YIJ$NIJp$GC!o$KBg$-$/$J$C$F$$$k!”$H$$$&$3$H$J$N$+$J$!!”$H!#A0$K$b=q$$$?$1$I!”%I%3%b!”:G6a$N;~4VBS$K$h$k%G!!$BL5@~$K$c$s(B$B$G(B

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »