PHS-MOBILE.COM
モバイル版
モバイル一般記事は無線にゃんで更新中!

コメント投稿はここからユーザ登録をしてください


phsmobileのtwitterを見る

070を持とう!

24時間定額対決


シンプルな定額。WILLCOM


ソフトバンクでお困りの方へ

データ通信レスポンス比較

11年05月の記事を閲覧中



更新履歴
なんでも質問箱
「今日の一言」とかで答えるかもです。お気軽にどうぞ





2011/05の過去ログ


スマートフォン向け表示試験運用中 from wnyan.jp

2011/05/31

このサイト「無線にゃん」と、勢いで始めたケータイニュース.netのほうで、スマートフォン向け表示を試験運用中です。

ケータイニュースのほうでは結構前からやっていていろいろいじくっていましたが、ようやくほどほど納得の行くシンプルな表示が出来たので、似たような感じで無線にゃんにも移植してみました。もうね、絶望的にセンスがないですね、私。何をやってもかっこ悪い。なので、本当にシンプルな単なるタイトルベタ表示+インデックスで本文省略とかしただけです。

UAとかで自動判別するのは個人的に嫌いなので、サイドバー中にでっかいボタンを置きました。スマートフォンの方はぜひ押してみて、嘲り笑ってみればよいと思います。

Androidでしか確認していないので、iPhoneでみると変だとかそういう情報がありましたらぜひお寄せください。

ユーザ登録とログイン画面と管理画面がスマートフォン対応していないのは片手落ち。あの辺をいじくるには結構めんどくさいフック処理が必要っぽいし、フック中で不正処理とかをちゃんとしないとセキュリティの大穴を開けちゃうハメになっちゃうと思うので怖くて触れません。直接WPファイルをいじくっちゃえばカンタンなんですけど、バージョンアップ対応とか出来なくなっちゃうし、ので、デフォルトのままです。ごめんなさい。

ご要望はメールフォームで。 …

続きは無線にゃん


ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

LTEとTD-LTEの共運用について from wnyan.jp

2011/05/31

TD-LTEについて、これからの時代はLTEとの共運用を考えないといけないと思いますよ、と言うことを何度か書いてきて、しかし、ちょっとだけ、説明不足な部分もあり、誤って伝わってしまった部分もあったりするみたいなので、この件だけ再度取り上げて解説します。

TD-LTEとふつーのLTEの違いは、前の解説で書いたとおり、基本的には無線インターフェースのフレーム構成と、その制御メッセージ(のオプションの使い方)程度で、それ以外のほとんど(無線ソフトウェアを作るうえで一番面倒の多いRRCソフトウェアなど)は全く共通です。

このため、端末のベースバンドチップや、基地局のベースバンドユニットなどはLTEとTD-LTEの両方をサポートできるようになるのが当たり前で、LTE用BBチップやBBユニットでTD-LTEを無視するのは手抜きする価値さえないほど些細な省力化となるかもしれません(言いすぎ;笑)。もちろんRF周りは専用チップ/ユニットが必要になりますし、一番面倒な局間同期の問題、それと端末としては送受信間時間差計測/レポートなどちょっと面倒な実装が必要になるので、そういった技術がパッケージ化されて普及するまではまだ時間がかかるとは思いますが、いずれ(5年とかのスパンで)そういったものは当たり前の技術になっていくはずです。

一方、インフラ設計・建設と言う面での共存の可能性については、これは局さえ出来れば全く問題がないはずです。なぜなら、LTEネットワークの最大の特徴である「分散制御アーキテクチャ」があるためです。LTEでは無線ネットワーク制御機能を完全に基地局にまで分散化しているため、LTEネットワーク(SAE)は無線技術に何を使っているかについて全く知る必要もないし制御する必要もないのです。

基地局は移動管理用の装置(サーバ)である「MME」との間でS1と言う制御用のコネクションを確立しますが、このS1メッセージには、FDDであるかTDDであるかによる差が出ません(ハンドオーバ用に端末がTDDをサポートしているかどうかを伝えるフラグとかは入っているけど、これは透過的にターゲットMME/基地局に転送されるだけ)。ので、同じMMEにFDD基地局をぶら下げてもTDD基地局をぶら下げても問題が無いように出来ています。

つまり、端末さえ対応していれば、同じネットワークにFDD-LTE基地局とTDD-LTE基 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2011-05-30] from wnyan.jp

2011/05/31

京浜急行が従業員に LED 電球1万個配布、節電への取り組みをアピール
LED電球くれるのかー。うらやましい。けど、実際の節電効果で言うと、電球型蛍光灯とほとんど変わらないんですよね。でも電球型蛍光灯よりもOFF→ON時の特性が良くなる(らしい)のと寿命が長いのと、で、長期的にみればLEDのほうが良いかもなぁ、と言うくらいですか。うちも寿命を考えてLED化したいんだけど、長寿命が必要な取替え困難なところは既に無電極電球に替えちゃってるんですよね。LEDがもう少し安くて明るくなったら考えようという感じ。会社からタダでもらえるんだったら使うんですけどね。下さい>うちの会社。http://wnyan.jp/1819#1819[Tweet]ヤフーが「電気予報」のAndroidアプリとモバイル機器向けページを公開(ニュース)
>効果的な節電行動の例なども表示するようになっている。→で、ついでにソフトバンクの電力事業のアピール広告も流れるわけですね、分かります。例によって光の道と同じ構造だし突っ込みどころが多すぎて突っ込むのめんどいからあの件は基本放置で。http://wnyan.jp/1819#1827[Tweet] …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

接続規制と輻輳状態に関する整理 from wnyan.jp

2011/05/30

先日ドコモの規制の話を書いたら、いろんな反応を頂いたのですが、ちょっといろいろと用語が錯綜していて間違って伝わっている風もあったので、ここでカンタンに整理。

接続規制 (access control)
接続への試み(アテンプト)を規制すること。報知情報(SIB2)に規制率を含め、これを受信した端末は、アテンプト時に乱数を生成し、その乱数値が規制率以下であれば自発的にアテンプトを取りやめる。このときiモード端末であれば「しばらくお待ちください(パケット)」と表示される。

帯域規制/速度規制 (bandwidth control)
ユーザごとにパケットの通信速度を制御すること。交換機側で帯域を絞る方法と、基地局で割当無線リソースを絞る方法がある。いずれも標準化されていない独自技術となる。利用量の多いユーザへのダウンロード速度を絞ることで他のユーザのダウンロード速度を確保することが目的。接続可否とは無関係。

接続輻輳 (access congestion)
基地局/交換機の処理リソースを超える接続が行われている状態。処理リソースを超えた接続要求に対して基地局/交換機は接続拒否を行うことで接続を破棄する。輻輳していることが事前に端末に通知されていない状態。この状態に陥ると、接続に長い時間がかかったり「接続に失敗しました」などの表示とともに接続が破棄される。この状態ではアテンプトは通常通り行われるため、適切な接続規制をしないと輻輳は加速的に進むことになり、最悪の場合は設備障害などを起こす可能性もある。

帯域輻輳 (bandwidth congestion)
ある基地局における無線リソースの利用率が常に100%に近く、多くのユーザがダウンロードのための無線リソースの割当行列を作っている状態。ユーザ(端末)に対するダウンロードデータが局のパケット交換バッファに到達すると、その情報に従って基地局は順次ユーザにダウンロード用の無線リソース(時間/コード/etc)を割り当てるが、1局に対してあまりに多くのユーザからのダウンロードが同時に行われると待ちユーザ全員に対応する無線リソースが割り当てきれなくなり、待っているユーザの行列が長くなる。この行列が長くなると各ユーザの割当タイミング間隔が非常に長くなるため、ダウンロード速度の低下や顕著なパケットロスの上昇がみられるようになる。適切な接続規制や帯域規制を …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2011-05-27] from wnyan.jp

2011/05/28

NTT東西のNGN上のIPv6接続、トンネル方式が6月1日、ネイティブ方式が7月26日スタート
ってことでNTT東西もIPv6の提供を始めるようです。ていうか、IPv6ができる素地は元々あって、後はどっかのIPv6屋さんとの道筋さえ付けてあげればよかった話なんですよね。なんつってもマルチセッション対応って言う強力な武器もあるし。トンネルでもネイティブでもどんとこいって話ですよ。ってことで、いくつかのプロバイダが早速IPv6サービスの開始を宣言していたりするみたいですが、多分それってマルチセッション使った擬似デュアルスタックみたいになるんですよね(違ってたらゴメン)。どっちにしろ、どっちか選べみたいなサービスにはならなさそうなのでめでたしめでたし。さて、これで光の選択肢はフレッツとKDDIの2択になったんだけど、どうしようかなぁ。安くて速いKDDIか、地デジ再送信のあるフレッツか。とはいえ自宅に入っているケーブルテレビ、KDDIとフレッツの差額以下の月額料で地デジ再送信Onlyサービスを始めてくれたので、光での地デジ再送信は実はどうでもよくなりつつあるんですよねぇ。そういえばケーブルはJCNか。やっぱり社員っぽい人がいろいろとネタを送ってくれ
るKDDIにしようかなぁ(笑)。http://wnyan.jp/1809#1809[Tweet]シリコン製で丸めて持ち運べて水洗いまでできるBluetoothキーボード 400-SKB018BK/W発売
これはいいですね。ちょっとほしい。とりあえずカートにぶちこんでおく対象です。ところで、Androidって標準でHIDに対応していないんですよね。なんかびっくりしたんですけど、これを知って。自宅のBTキーボードをつなげようとペアリングしてもデバイスとしては認識するけど動かない、なんじゃこりゃ、と思って検索してみたら、そもそも対応していないとか書いてある。WMとかiPhoneを散々バカにしといておまえはそれかよ、と超突っ込みいれまくりですよ。キーのないデバイスだしたら外付けキーボードが需要として出てくるなんてのは信頼度100%の鉄板リーチだろ、と。なんか、Androidの腑抜けさにがっかり度がどんどん増しているんですけど。誰か助けて。http://wnyan.jp/1809#1811[Tweet]「通信料は“入口課金”から“出口課金”へ」–UQ野坂社長
ようやく国内事業者か …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

PHS宛通話料がややこしいのはナゼ from wnyan.jp

2011/05/27

面白い視点の質問をいただきました。っていうかすっかり忘れてた、って言うお話なんですけど、「一般電話・公衆電話からPHSにかけたときは距離別料金になっていて長距離は携帯宛よりも高い。070MNP化で携帯にかけたつもりで長距離PHSになってしまう恐れもある」と言うコメント、そしてどうしてそういう料金体系になっているのか、と言うご質問です。

加えて、うがった視点として、「ウィルコムが安い通話料金を実現するための原資としてそういった高額な料金を残しているのでは」とのコメントもついてましたので、まずはこの視点から。

まず大前提的なお話として、依存型PHSシステムの元々のカタチから。依存型PHSでは、PHS基地局は「NTT固定電話機」とほぼ同じ扱いです。アクセスチャージの発生のし方も、固定電話と同じ。つまり、「PHS基地局(PHS端末)から発信するときはアクセスチャージがかかる」けど「着信は無料」なんですよ。もっと正確に言うと、実は依存型PHSでは、「着信のときもPHS事業者からNTT東西に一部のアクセスチャージ(網機能利用料)を払わなきゃならない」ってことになっています。この場合、NTT東西は発信元の事業者からもアクセスチャージを取れるし、ウィルコムからもわずかながらも料金をとることができる、二重取り状態です。ただ、PHSがNTTの網機能(特に位置管理機能など)を利用しているという立場なので、NTTに制御機能に関する利用料を払わなければならないのはズルでもインチキでもありません。

つまり、ウィルコムは、いくら着信を受けても、実入りはゼロどころか着信すればするほど赤字なんです(苦笑)。なので、この辺の通話料を原資にウィルコムが割引をしているということは絶対にありえません。

ちなみに、さすがにこの状況はウィルコム一人負け確定ですから、ウィルコムも大転換を図りました。それが「ITXの導入と独自相互接続」です。ITXで独自網を作り、携帯電話各社と直接相互接続に踏み切りました。このため、携帯電話各社からウィルコムへの通話に関してはウィルコムは着信接続料収入を得られるようになりました。ただし、NTT東西を通る着信(つまり相互接続している携帯電話以外のすべての発信元からの着信)に関しては、いまだに一銭も取れないし料金の決定権もないし赤字を垂れ流しているという状態です(ひょっとすると一部のIP電話などとはそろそろ相 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ニュースコメント[2011-05-26] from wnyan.jp

2011/05/27

[ニュース] ソフトバンク、関西の通信障害が復旧
ってことで30時間に及ぶ障害は復旧。復旧作業を「交換機のソフト更新」としているので、やっぱり、交換機のソフトウェアアップデートを実網に入れてみたら未発見のバグが顕在化し、そのバグの影響で基地局が誤動作(あるいは誤動作防止)のために次々と停波した、というのが真相っぽいですね。で、交換機ソフトを前のバージョンに書き戻して一件落着、という感じではないかと。「停波しちゃう」「30時間」と、サービスへの影響度も継続時間も近年まれにみるハイレベルな障害となってしまいましたが、まぁこのレベルの障害を連発していた2008年前後に比べれば随分まともになったとは思います。http://wnyan.jp/1805#1805[Tweet]この世の終わりを告げる Android トロイの木馬
Androidに入ったトロイの木馬が世界を破滅させるレベルのいたずらをやらかすという話ではなくて「世界が終わっちゃうよー」というSMSを手当たり次第に送りつけるという何ともかわいらしいトロイの木馬のお話でした。ただ、実際に世界を混乱させるレベルの不正ソフトウェアが今後出てこないとは限らないんですよね。Blasterは対象OSのシェアの高さからかなりの混乱を世界同時に引き起こしましたが、あれと同じことがAndroidやiPhoneで起こらないとは言い切れない。そのとき、高い確率で「電話帳」「ブックマーク」「表示履歴」「通話履歴」を持っているスマートフォンでは、本当に世界を破滅させかねない混乱を起こすかもしれない。もっと怖いのは、googleのNFC決済サービス、チャージ額を盗むなんてことはさすがに無理だとは思いますが、利用履歴を取得するくらいのことはできるはず。なんなら常駐して利用履歴を常時送信し続けてもいい。位置情報もそう。普通は電源を入れっぱなしで持ち歩かないPCであれば少々漏れても痛くはないけど、電源入れっぱなしで持ち歩くスマートフォンならその位置情報が漏れること
は様々なリスクを生じます。超重要な人の位置追跡をすることでどの会社がどの会社を買収しようとしているのか程度のことがわかるかもしれない。などなどのことを考えるに、オープンアクセス可能な今のスマートフォンのセキュリティはまだまだ甘すぎかなぁ、という気がします。まぁそれを突き詰めればスマフォンファンの大っ嫌いなクローズアクセスのガラケーにた …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ドコモが日中パケット規制? from wnyan.jp

2011/05/26

いや、いつからなのかははっきりしないんですけど。少なくとも5月頭からは。

一応都内、と言うか「都心」と言っても良いくらいのところにオフィスのある会社にいるんですが、昼休みにiモードが繋がらない。

全く繋がらないわけじゃないんです。ただ、特に12時台は3回に1回くらいは「しばらくおまちください(パケット)」になるんです。これって通信接続規制がかかっているときの表示ですよね、確か。

12時台だけじゃなく、11時半頃に見たこともあるし、13時過ぎにも見たことがあります。要するにこの辺の時間帯で大雑把に規制がかかっているということです。また地域的にも結構ばらつきがあるようで、同じ都内でも規制?なにそれ?な人がいたりもする。

通信規制の仕組みは、緊急地震速報と同じで基地局から端末に一方的に送りつける情報の中に「今規制中だからちょっと黙っててね」と言う情報を載せておくというもの。端末が一旦基地局に問い合わせて「アンタダメ」と言われるような仕組みもありますが、この場合は毎回上りトラフィックが発生してしまうし基地局の処理リソースも食うため、輻輳を抑制する効果は限定的です。やっぱり事前に「いいから黙れ」と申し付けるのが、規制の主流です。パケットを使おうとして瞬時に「おまちください」と出るのは基本この仕組み。そうでない場合はとりあえず接続中画面が開いてからやり直せといわれます。

が、普通、そんなに規制ってしないものなんですよ。いや、規制をする仕組み上、あまり頻繁にON/OFFするのは、結構めんどいんですよ(異なるネットワークノード間で保守インターフェースが違うためオンラインで自動一括処理は難しい)。なので、ちょっと昔は、あらかじめ分かりきっている輻輳イベント(お祭りとか年末年始とか)に対してはタイマーを仕込んでおいて機械的に対応するなんてのが普通でしたし、突発的な輻輳発生の場合は自動でONになるけど、どの時点で解除して良いかは機械的には判断できないので規制解除は手動だったりします。となると、後の解除オペがめんどいので、いくら「突発的」でもカンタンには発動させない、よほど「やばい」状況にならないと規制発動までは行かないようにしてあるものなんですよ。

と言うことを考えると、ほぼ毎日、時間も1時間か2時間か、しかも規制率もそんなに高くない規制を自動的に繰り返してるって、結構すごいことかも、なんて思ったり …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2011-05-25] from wnyan.jp

2011/05/26

Sprint CFO yet to decide on Clearwire financing
米Sprint子会社で最大(唯一?)のWiMAX事業者であるClearwireは、ほぼTD-LTEに向かうことを決めている模様。そのために結構大きな額の追加投資が必要なんだけどSprintがまだ決断してないよって言うニュース。他にもWiMAXが動いている国はぱらぱらとあるけど、WiMAX2に向かうなんていうナンセンスな戯言を言っているのは日本くらいじゃないかな?普通に考えたら調達シナジーの大きいTD-LTEに向かうと思うんですけどね。制度は問題ないし。孫先生が必ずねじ込むと思うので(笑)。総務省だってバカじゃない。いくら孫先生が嫌いでも中立的に考えて世界の趨勢に乗り遅れるリスクがあるなら、必ず2.6Gの技術基準の改正に乗り出します。それが「いつ」だけの話で、個人的には既に担当者間調整は相当なレベルまで進んでいるのではないかと考えます。http://wnyan.jp/1790#1790[Tweet]Google to Unveil Digital Wallet
オサイフケータイ、海外では「デジタルウォレット」と訳すのが普通になってくるのかな?なんていうどうでもいい話。googleのNFCサービスの詳細がそろそろ出てくるかも、って言う記事なんですけど、さらりと恐ろしいことが書いてあって、「決済利用履歴を広告配信業者に渡してターゲット広告の精度を向上させる」なんて書いてあります。やっぱり、googleに生活や財産を管理させるのは危険ってことを再確認。Androidに入力した連絡先やスケジュールもどういう風に盗み見されてるかわかったもんじゃないですね、こんなこと書かれると。いや、googleがデファクトになるんならgoogleの決済サービスの一つも持っておいたほうが良いかなぁ、なんて思ってたんですが、この記事でその危険性を再確認しました、って言うお話。http://wnyan.jp/1790#1792[Tweet]次期 Windows Phone「Mango」は今秋、日本でも本格展開
何度みても、「mango」を「magro」って読み間違えちゃう。マグロ。ご期待ください。http://wnyan.jp/1790#1794[Tweet]DeNAとドコモが業務提携に合意 -iモードケータイ・スマートフォンでドコモのポータルサ …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2011-05-24] from wnyan.jp

2011/05/25

ケータイのようなテンキーを搭載したAndroidスマホ「IS11SH」、使い勝手を検証:【2011夏】最新スマートフォン注目モデル速攻レビュー
ちょっと気になるテンキーAndroidの詳細なレビューが出てきましたが・・・あれ、一番重要な「終話キー」がない。素のAndroidにはそぐわないのかも知れないけど、個人的にはAndroidの不満点(通話に使えないと思っているポイント)の第一位は終話キーがないことなんですよね。テンキータイプならそれがあるからいいよなぁと思ってたんですが、ないですね、これ。ダメだ。電話をかける・きるという重要な動作を触れるかどうかぐらいで作動するタッチ操作でやらせるってちょっと頭がおかしいと思っててですね。私、一度かかってきた間違い電話の番号宛に何度も電話かけちゃいましたよ、誤操作で。しかも切る動作もタッチじゃないですか。やべ間違えたって連打してもフリック操作になってたりしてそのままかけっぱなしだったり。ごめんね>間違い電話の人。とにかくハードキーによる電話機能の確実な操作、ってのが実現しない限りAndroidはダメだと思ってて、ようやくそれが出来そうと思ったこの端末に一番重要な終話キーがありませんでした、って話です。ソフトバンクの007SHのほうが確実に一枚上手ですね。会社のセンス、消費者の本
当のウォンツをくみ上げる能力、そういうのの差が如実に出た、良い対比になっていると感じます。http://wnyan.jp/1778#1778[Tweet]「iPhone 5」は曲面ガラスのディスプレイを採用か–DigiTimes報道
曲面ガラスってカッコイイよね。それ以上の意味はないと思うし、求めないほうが良いと思う。操作感とか手になじむとかそういうの求めるならもっと良い方法があると思うし。そんなもろもろをすべて無視しても、曲面ガラスはカッコイイ。auのINFOBAR2とかもカッコよかったのに、ああいうデザインを誰も作れなくなったよね、ケータイで。あれもこれもの詰め込み実装が原因なんだとは思うんですが、逆に、割り切ってああいうの作ればバカ売れするはず。iPhone5がそういう感じになるんだとすれば、多分有象無象の古臭い真四角Android勢を吹き飛ばして販売シェアを大きく回復することになると思います。やっぱこういうのってデザイン担当者じゃなくて、会社の経営者(社長)のセンスだよね。いくら経営能力 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »