PHS-MOBILE.COM
モバイル版
モバイル一般記事は無線にゃんで更新中!

コメント投稿はここからユーザ登録をしてください


phsmobileのtwitterを見る

070を持とう!

24時間定額対決


シンプルな定額。WILLCOM


ソフトバンクでお困りの方へ

データ通信レスポンス比較

11年01月の記事を閲覧中



更新履歴
なんでも質問箱
「今日の一言」とかで答えるかもです。お気軽にどうぞ





2011/01の過去ログ


Skype auとSkypeの違い from wnyan.jp

2011/01/31

先日、Skypeが全Androidで利用できるようになったという件で、auの優位性は一気になくなった、と言うような発言も目立ったため、一言コメントした話、もう少ししっかりと解説してみます。

おさらいしておくと、Skype auの仕組みは、Skype音声通話に、携帯電話網の回線交換音声通話チャネルを使うというところが特徴的。携帯電話網を通った音声は(おそらく)インターネットを介してSkypeサーバとつながっているであろう変換装置でレガシー音声からSkype音声パケットに変換されていると思われます。

また、ステータス管理とかチャットやメッセージなど他のサービスは通常通りパケット通信によってインターネット上のサーバに直接接続されています。そして、SkypeサーバとSkype変換装置が何らかの連携をして、ユーザの状態をアップデートしているようです。

↑これが全体イメージ。音声は回線交換網を通してつながり、その他はパケット網を通ります。

まず重要なのは、技術解説:回線交換とパケット交換でも書いたとおり、理論上は伝送に伴う遅延ゆらぎがなく、どんな場合でも音声通話チャネルが維持できる電波状態でさえあれば安定した音質の通話を利用できるという点です。

これに対して、パケット交換網と言うのは、どんなに大容量で組んでもどんなに高速な処理装置を使っても、必ず遅延の増大と遅延の揺らぎが発生します。このため、ある程度遅延量が蓄積すると、音声がぶつっと途切れます。もちろん、遅延量が大きいためにSkypeアプリが回線が細いと判断して音質が異常に落ちてしまうこともあります。

つまり音声に関しては「安定して」「高音質で」利用できるのが、Skype auの第一の特徴です。

そしてもう一つの非常に大きな特長は、着信です。こちらも図をご覧ください。

↑これはSkype auでの着信です。Skypeサーバから着信を知らせるパケットが出ますが、Skype auの場合は、これがau網に設置してある変換装置に向かいます。

変換装置はこのパケットを受け取ると、呼び出し先に該当するau加入者を検索し、その加入者に対して自らが発信者となって通常の電話をかけます。

すると、回線交換網で処理が行われ、最終的には基地局(公衆アンテナ)から一斉呼び出しが行われ、エリア内にさえいればどこにいても確実に着 …

続きは無線にゃん


ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ちょっとてすと from wnyan.jp

2011/01/26

ちょっとてすとです。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

壊れてました。

2011/01/23

大変ご迷惑おかけしました。
wnyan.jp側で関数ファイルが壊れて、ロールバックしたところこちらとの間のインターフェースに不整合が生じて、というのが原因です。
とりあえず連携機能停止で対処しました。
壊れ中は飛行機の中で食っちゃ寝してました(苦笑)

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

セルラーシステム from wnyan.jp

2011/01/21

セルラーシステム、と言う言葉は日本ではあまりなじみがありませんが、海外では携帯電話そのもののことを「セルラー」と言うくらい、割と一般にも知られた言葉。今回はそのセルラーシステムについてのお話。

基本的には「携帯電話」と言ったときとほぼ同義と思ってもらっても良いのですが、しかし、無線システムを設計するとき「セルラー」か「非セルラー」かで、その思想がまるっきり違うんですよね。と言うことで今回は技術そのものと言うよりも技術思想についてのお話が中心になってしまうわけですが。

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ニュースコメント[2011-01-20] from wnyan.jp

2011/01/21

[ニュース]
au契約情報で年齢認証、SNS大手3社に年齢確認サービス
これ結構すごいことだと思うんだけど。一つは、従来、個人を「区別」するだけの属性情報を含まないIDは使われていたのに、個人の属性をコンテンツプロバイダに提供する、と言う個人情報の扱い的な意味で。もう一つは、そんな個人の属性情報をリアルタイムでリクエストヘッダに付加できるようになったという技術的な意味で。普通はそう簡単にはできないんですよね、サービスノードが契約管理ノードから情報をリアルタイムで引っ張るなん

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2011-01-19] from wnyan.jp

2011/01/20

Jobs absence comes amid increasing competition against Apple
Jobsの休養が、近々iPhoneがAndroidにやられることを慧眼で見抜いて、自身の経歴を守るためのものだったら面白いですね。低調になる前にいち早く退き、競争力のあるプロダクトのリリース前に復帰してJobs
Magicを演出し、再び低調になる前に退き・・・を繰り返すというスター演出。もしJobs休養中にAppleが低迷したら、それはJobsがいないか

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュース解説[ドコモLTEのレビュー記事いろいろ] from wnyan.jp

2011/01/19

ドコモの新サービス「Xi」レビュー
サービス開始!LTEの実力をチェックしてみた!
ドコモのLTEサービス「Xi」を都内でを試してみた
ドコモのXiのレビュー記事いろいろ。それほどユーザが多くない状況にも関わらず意外と記事によって通信速度に開きがあるのが気になります。

一つは、私が昔から言っている、OFDMAの弱点。OFDMAは電界の変動に弱く低電界そのものにも弱い、と私は思っています。いろいろな補償技術はてんこもりですが、それでもCDMAよりは圧倒的に弱い。だか

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2011-01-18] from wnyan.jp

2011/01/19

LG幹部「Windows Phone 7の出だしには不満足」 –
だがサポートは今後も継続
不満というか、発売してたことさえ忘れてました。すみません(笑)。

[本日の一品]
超小型の水電池で動作する水力電池電卓「Hydro Power
Calculator」
そもそもの「水電池」という看板がかなりミスリードですよね。実際は二種類の金属と電解液の元になる溶質をつめただけのもの。乾電池を乾燥させて干からびさせたものと言ったほうが早いかも。干からびた乾電池に水を与えると元

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

LTEの展開を考える2011 from wnyan.jp

2011/01/18

昨年末にスタートしたドコモLTE、これが今年どのように活用されるのか、について、予想と言うよりは個人的な戯言を並べてみます。

ドコモのLTE、この展開計画が、よく言えば実に慎重、悪く言えば遅すぎ、ってなことになっているのは周知のとおり。具体的な数値は調べるのがめんどくさいので割愛しますが、とにかくかなりの長期間、基本的には「都市部の高トラフィックエリアにスポット的にセルを置くだけ」と言うような時期が続くことになります。

このようなことになっている一つの理由は、ドコ

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ニュースコメント[2011-01-17] from wnyan.jp

2011/01/18

アップル、次期「iPad」「iPhone」でクアルコム製チップセットへ乗り換えか
インテルがインフィニオンを傘下におさめたことと関係あるかな?特にないか。しかし、LTE-WCDMA/GSM(UMTS)はともかくLTE-CDMAチップはQualcommとSamsungくらいしか作れてないはずなので、UMTS版もCDMA版も全面LTE対応を考えているとすると、Qualcommで統一するのがスケールメリットが出しやすいのかも。

In brief: HTC to invest

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »