PHS-MOBILE.COM
モバイル版
モバイル一般記事は無線にゃんで更新中!

コメント投稿はここからユーザ登録をしてください


phsmobileのtwitterを見る

070を持とう!

24時間定額対決


シンプルな定額。WILLCOM


ソフトバンクでお困りの方へ

データ通信レスポンス比較

2011年の記事を閲覧中



更新履歴
なんでも質問箱
「今日の一言」とかで答えるかもです。お気軽にどうぞ





2011の過去ログ


コミケに移動基地局を出す意味は? from wnyan.jp

2011/12/30

一応タイムリーなネタかもしれないのでリアルタイムで。「コミケに移動基地局とか出てくるけど、普段からめいいっぱいの周波数を使ってしまっていればいくら移動基地局が出てきても使える周波数幅には変わりがないから容量対策にはならないのでは?」というご質問。

えー、結論から言いますと、普段からめいいっぱいの周波数を使っていないということになります。たぶんですが、相当に周波数がひっ迫しているドコモでも、全バンド全キャリアを使い尽くしているところはほとんどないと思います。いやこれは、なにかからの推論とか理論的にとかじゃぁなくて、人づてに聞いた噂レベルの話として。

一応、理屈上は、どんなにセルを区切っても電波は飛んでしまうものなので、いざという時のための空き周波数をあらゆる場所で使ってしまうと本当に混雑している場所の品質が悪くなってしまう可能性があるので、できるだけ使い尽くすことは避ける、という理屈もありそうな気がします。

たとえばあるターミナル駅でめちゃくちゃに混んでて、最後の周波数まで使ってしまう、という時。その隣の、さほど混雑していない場所で、もしその最後の周波数を常時使っているとすると、その電波は、多かれ少なかれターゲットになるターミナル駅近辺のセルに侵入してきてしまいます。なので、ターミナル駅近辺で周波数を追加した効果は限定的になってしまいます。

しかし、その周波数を本当に「最後の手段」的にとっておいて、できるだけその周波数帯をクリーンにしておけば、本当にやばいところにその周波数を打ったときの効果は絶大です。なので、お金があるからとか時間があるからとか場所があるからと言ってやたらめったらにキャリア数を増やすよりは、しっかりとメリハリをつけたネットワークにした方が、総合的なユーザ体感はよくなるはずなんですね。

で、例のコミケをやるあの辺って、はっきり言って、トラフィック的にはかなり閑散地帯ですよね。ターミナル駅があるわけでもないし特殊な大トラフィック要因があるわけでもない。年にせいぜい数回の大規模な展示会などで人が集まったときだけにトラフィックがあふれるところ。であれば、常時過大なチャネルを用意しておくよりは、必要に応じて移動局を出す方がいいわけです。なにせ、いつどんなタイミングで大トラフィックが発生するかというのがかなり完璧に予想できちゃうという場所。トラフィックは大変だけど対策は簡単なはず …

続きは無線にゃん


ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

LTE対応端末で着信率が悪くなるのはなぜ? from wnyan.jp

2011/12/28

そうそう、Xi(LTE)対応のスマホが出てきてから、Xiエリアと3Gエリアに関して、着信不良だの接続不良だのという話がいろいろ出てき始めましたね。ということで、そういうことがなぜ起こるのかの話。

従来、たとえば3GケータイにWiMAXとかWiFiとかが入っている端末でも、それらの電波状況なんてまるで関係なく3Gの発着信は問題なく行えたものです。ここからの類推だと、LTEだからと言って発着信に問題が出てくることはありえない、と思うのが普通なのですが。

LTEは、他の通信方式とは根本的に違っています。というのは、LTEのシステム連携の話で書いたことが関係しています。

まず、なぜLTEがリンク先の解説で書いたような面倒なシステム間連携機能を持っているのか、というところからです。それは、CDMA2000での音声・データ同時接続の話でも書いた、「無線機」の問題です。携帯電話はただでさえ実装密度が上がっていて、そのうえ、無線機というのはその周辺の部品の影響(ぶっちゃけ感度の低下ですが)を強く受けます。何より無線機同士というのはもっとも強く影響しあうもので、一つの端末の中に複数の無線機を入れるのはかなり骨の折れる作業です。

そしてもう一つ、LTEも3Gと同じく「待ち受け」という状態が存在します。この待ち受けは、数秒に1回の割合で瞬間的に無線機の電源を入れるわけですが、これがはっきり言って馬鹿にならない大電力を消費してくれます。これが、3GとLTEの両方でやられちゃぁたまらん、ということになるわけです。

というような理由で、「LTEでは3Gと無線機を共有することを前提にしよう」という話になりました。つまり、LTEと3G両対応の端末には、無線機は1台しか載せず、LTEベースバンドと3Gベースバンドのどちらかだけが無線上アクティブになる仕組みにしよう、ということです。

要するに、LTE圏内にいるときは、3Gベースバンドはお休みです。無線的には、単にスリープ状態とかではなく、完全に電源を切っている状態です。そして、LTEベースバンドからの命令でのみ、3Gベースバンドが目を覚まして何らかの処理を行う、という形をとります。

もっともわかりやすいLTEベースバンドからの命令の例としては、「音声で発信しろ」という命令。で、上の連携話でも書きましたが、ここでさらに高度なオプションがあって、「無線を使わず …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

iPhoneのバッテリ駆動時間対策に関するご注意(?) from wnyan.jp

2011/12/27

iOS 5.0.1で気になるバッテリ駆動時間は伸びたか?という記事に関して、「緊急地震速報を切るだけでバッテリ持続が大幅に伸びたと書いてあるが、緊急地震速報の本来の仕組み上は影響がないはずでは」というご質問をいただきました。

えーと、しょっぱなから種明かししますが、記事で扱っているのは、ソフトバンク版のiPhoneですね。ソフトバンクのネットワークはダイナミックな緊急地震速報に対応していないみたいです。つまり、無線チャネル的には、緊急地震速報を常時送信している状態。単に、地震がないときは空っぽにしてあるだけで、無線チャネルは開きっぱなし。なので、それに対応する端末も、緊急地震速報用のチャネルを常時受信しています(常時といってももちろん一定間隔の間欠受信ですけど)。

というような話はこちらの記事の追記で軽く触れているのですが、緊急地震速報を実現する仕組みであるCBSシステムというのは元々は全員で同じ情報を一斉受信するための仕組みで、受信設定してある端末は、このチャネルがある状態では常時見ていること、というのが本来の動作なんですね。

ただこれではあまりにバッテリ持ちが悪い。一方、このチャネルが設定されているかどうかというのは別の報知情報という同じく一斉送信情報の中に含まれていて、だったらこの報知情報の中のCBSのON/OFFをダイナミックに変えてやればいいじゃない、というのがドコモのアプローチ。報知情報がダイナミックに変わるときは自動的にページング(呼び出し)が出ることになっているので、通常の待ち受け状態の端末でもその変化を知ることができ、ゆえにバッテリ持ちに一切影響なく緊急地震速報を実現できるということになります。さらに、ドコモでは最近は新しいETWSを採用していて、これは上記報知情報に直接地震速報を載せるタイプのため、CBS用のチャネルを見に行く必要さえなく速報性が大幅に高まっています。

一方、auのCDMA2000では、BCSMSというSMSの強化版のような方式を採用しています。もともと、CDMA2000のページングチャネルというのは、なんだかいろんな下り向け情報を載せられるようにできていて、実は通常SMSもページングチャネルで送れるようになっているみたいです(いろいろ調べてみた結果)。まぁそれは余談としても、BCSMSもSMSと同じようにページングでトリガをかけるので、やはり通常の待ち …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ニュースコメント[2011-12-26] from wnyan.jp

2011/12/27

NTT東、公衆無線LANにもなる無線LANルーターを店舗に無料で貸し出し
NTT東も「ユーザの負担回線による自社サービスの拡充」についに乗り出しました。実際はどうなのかな、フレッツネクストだけって言ってるので、同じ接続に相乗りじゃなくて論理的に分けたネットワークを張る形になるのかな、と思うんですが、それでもユーザが負担している光回線の物理線を共有することには変わりがないわけで、モラル的には危ないラインではあるんですけど、最近のNTT東のなりふり構わない感じ、嫌いじゃないです。むしろ、その戦略でスポット数を大量に稼いでいる競合がいる以上は防衛上は最低限同等戦略をとらない方が頭がおかしいわけで、まぁどっちかというと遅ればせながら、という感じですかね。ちょっと昔のNTT東西なら、そういう「頭のおかしいこと」を平気でやってたわけですが、ちゃんと意識変革は進んでいるんでしょうね。同じく固定をたんまり持ってるKDDIは相変わらず頭がおかしいようですが(笑)。無線バックホールAPなんていうゴミばらまいてないでさっさとユーザ光回線に相乗りしろよ、と。ついに永久歯が生えてきました。

大きな犬歯の内側にもう一組犬歯が出てきています。こいつが生えてきた永久歯。

噛み癖は治ってないので、今後、この強力な大人の歯でガブガブをやられるかと思うと恐ろしい。

といっても最近は本気噛みは皆無なので、一応精神的にも大人になってきたのかな?

なんだよひとのくちぐりぐり広げて写真とりやがってこのーがぶがぶ。AT&TによるQualcommの無線周波数買収、FCCが承認
米国mediaFLOの帯域をAT&Tが買い受け。用途は4Gの下り拡充、としていますが、LTE Advancedのサービスインは意外と近いのかもしれませんね。本当の4GといわれるLTE Advancedでは、「Carrier Aggregation(搬送波結合)」という機能で、複数の搬送波を束ねてピークレートを増大しつつ負荷分散と干渉低減を行うことができるという夢のような機能が追加されるわけですが、この機能、モードによっては、結合される2つ目以降の搬送波に関しては上り搬送波を必要としません。なので、MediaFLO跡地なんていう片方向のみの周波数をかき集めることに意義が出てきます。もちろん、不連続バンドを結合するモードはフィルタ技術的に非常に難度が …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ニュースコメント[2011-12-21] from wnyan.jp

2011/12/22

ドコモのspモードでトラブル、関連サービスが一時停止
うわぁ、意外とオオゴトに。単に重くなってた、ってだけじゃなくて、メールアドレスの設定がぐっちゃぐちゃになっている模様。推測ですが、spモードの統合DBか何かがあって、実際には、ドコモアドレスはメールアドレスそのものじゃなくて何らかのIDで管理されてて、それを定期的にメンテナンスアップデートしてるんだけど、spモードが重くなった「原因」がこのメンテナンスプロセスにも波及してメンテナンスが遅れたか止まっちゃったかして、で、IDからメールアドレスを引っ張るタイミング(スマホ本体へのアドレス設定や、メールのFrom行設定の時など)に間違ったIDとアドレスの関連付けで引っ張っちゃって誤設定、って感じかなぁ。なんにしろ、無線ネットワーク(RAN)の加入者情報とIPサービス加入者情報の自動突合せというめんどくさいシステムをこれまためんどくさいスマホ対象でやっちゃってるので、こういうことは起きるべくして起きた、というか、一度はこういうことが起きないとこなれていかないものでしょうね。まだまだiモード的なRAN-IP自動突合せは珍しいシステムで、OMA
とかでようやく標準になってるけど対応しているRANはほとんどない、みたいな状況なわけで、ドコモみたいな先頭集団がこういう問題にぶつかるのは仕方ないっちゃぁ仕方ないんだけど、iモードのノウハウがあるのになぁ、というがっかり感も否めないところ。ドコモのspモード障害、伝送路断をきっかけにユーザー管理サーバーが処理能力オーバー
あー、リアルタイム処理のメディエーション的サーバと大本のユーザ管理サーバとの間が輻輳してアンマッチになってたんですね。まぁこれは予想が当たったと言い張るのは無理ですね(笑)。たしかに、RANから見れば確保・解放したIPが他のだれかの参照情報になっているかどうかなんて確認のしようがないし、通知をして終わらせるくらいしかやりようがないけど、セッション管理サーバとしては、ユーザ管理からの応答がなかった場合の処理とか、通知されたIPを逆引きするくらいの対策は必要だったんじゃないかなぁ。仮にも個人情報のひも付なんだから、せめて応答がなかった場合はセッションをブランクにして、セッション情報を必要とする処理に対してすべてエラーで応える、くらいの最終防衛ラインは最初から考えられそうなものですけどねぇ。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメントあり »

ニュースコメント[2011-12-20] from wnyan.jp

2011/12/21

AT&T Drops T-Mobile Deal
あ。AT&Tがついに公正取引委員会に屈してT-Mobileの買収をあきらめたようです。いやぁ、あんなひどいやり方で振り回されたんじゃぁ、さすがにもうこれ以上は進められないと思ったんでしょうね。いや、寡占化の問題も確かにあるけど、それは、裁判とFCCでの協議で一つずつ課題を解決すればいいじゃないですか。なのに、公取の取った手段は、FCC申請を事実上できなくする司法上のテクニカルチート。建設的な議論が一つも行われずに買収が白紙になったことには、どうも釈然としません。違約金ウマーでDTAGだけが勝ち組ってことですね。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ドコモが地下鉄駅でかなりやばい話の続き from wnyan.jp

2011/12/20

地下鉄でドコモがきつくなってきた話の続報なんですが。

自宅最寄りの地下鉄駅でもかなりやばくなってきました。以前は、電車の入線時にちょっとデータの落ちが悪くなるかなー、くらいだったんですが、最近はそうでない電車待ち時間中もつながりが悪くなってきました。

さらに先日なんかはひどくて、圏外表示。iモードを使っていて、例によってリンクをクリックしたら無線チャネルがスリープからアクティブになるというそのタイミングで輻輳で接続再開できない動きに陥って、あー、またかー、と思ってたら、iモードアイコンがぶつっと消えて、直後に圏外表示。

そのまま3分ほど圏外のまま。ちなみに私の前に並んでたドコモ利用っぽい人は普通に使えていたので、過負荷で基地局が落ちたとかじゃなくて、本当に輻輳のために認証途中のすごくきわどいところでシーケンスが止まり、認証セッションがぶっ飛んでテンポラリキーが無効になって圏外、位置登録しなおそうにも輻輳で通らない、みたいな状態だと思います。

以前にこの話を書いた時に、「地下には1局しかないんだからしょうがないよ」という慰め(?)をいただいたんですが、いや、確かにその通りではあるんですけど、一方で、通信事業者としてはそれを言い訳にしてはいけないはずなんですよね。

確かに、地下・屋内のカバーというのは非常に難しい問題で、何が難しいって、無線基地局本体を置く場所が自由にならないってことが一番の難点で、携帯電話事業者みんなで協力して鉄道事業者に設置場所の確保をお願いしてようやく確保してもらっている、というものなので、容量が足りないからとおいそれと増やせるものではないわけです。何しろ、それでも場所が足りないから、アンテナそのものは全社で共有しちゃおうぜ、なんてことまでやってたりするくらいですから。

だけど、その「場所がない」を言い訳に何もしないで済ませるのは、事業者としてどうかと思うんです。いくらでも手は打てるんですよ。たとえば、その携帯電話事業者の仲良し組合に入れてもらえない事業者、ぶっちゃけウィルコム(&旧PHS事業者各社)ですけど、なんだかだで置けてます。なぜかっていうと、基地局本体もアンテナもすごく小さいから。重さでいうと20kgに満たないとかいうような軽いものもある、だから、天井にぶら下げたりちょっとした天井裏のスペースにも置けるわけです。

確かに昔は、3Gの基地局と言え …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ARROWS Xを見に行ったこととソフト技術の話。 from wnyan.jp

2011/12/19

先週末、久々にドコモショップに行ったんです。もちろん目的は、ARROWS Xをさわりに。いや、発売しましたっていうステータスでさすがにホットモックも商用バージョンになってるだろう、と思って。

あ、余談ですが、本当の狙いはARROWS Zですよ。au版の。なんで、と思うかもしれませんが、えー、auって、ホットモック全然配備しないんですよね。少なくともうちの近所の量販と単売りショップ、どちらも今まで最新機種のホットモックを全然置いてこなかったので。っていうか、量販の方なんて、auのホットモック0台ですよ。ドコモ・ソフトバンクが一揃い置いてある中で。au凋落の原因は、そういう顧客に一番近い販売現場にカネを惜しむっていう渋ちんなところだと思うんですよね(ちなみに私の中ではiPhoneで一時復活しているけどたぶん半年もたたないうちに再び凋落ペースに落ちるのは間違いないと予想しています)。

閑話休題。で、ARROWS Xをさわりに行ったんですよ。なんかホットモックの周りには全然人だかりとかもなくて、だけど受付は80分待ちとか大盛況だったんですが、とりあえずホットモックは触り放題だったので、触ってみたんですが。

なんじゃこれ。いや、カクカクだという前評判も聞いてたし、それがドコモ製ホームアプリのせいだっていう情報も知った上での評価ですが、なんですが、これ、売っていいレベルじゃない。なにこのガクガクっぷりは。生まれたての子犬かよ、ってくらいカクカクプルプルしてるよ、ホーム画面が。

そしてその隣にあったAQUOS PHONE、えーと型番は忘れちゃったけど、戯れにそっちも触ってみたら。

なにこのレスポンスの悪さ。タッチして引っ張っても、あからさまに遅れて画面が動き始める。はぁ?って感じ。

ぶっちゃけ、日本メーカ製、総じてひどい。こりゃ、iPhoneユーザに「Androidは操作性が悪い」って馬鹿にされるのもわかりますわ。

普段、EVO使ってて、で、iPhoneユーザが「指に吸い付くようなこの操作感はiPhoneだけ!」とか言ってて、でも実際にお店でiPhone触ってもEVOと全然違いがわからない、だから、ああいった操作感に関するiPhone > Androidなコメントって焦ったApple信者のネガキャンに過ぎないんだろうなぁ、って思ってたんですが、少なくとも富士通とシャープの最新スマホを触 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

子にゃんこ保護・・・の続報111217 from wnyan.jp

2011/12/17

そうそう、ご心配の方もいらっしゃるかと思いますので、一応ご報告。

無事に帰ってきました。

腕の包帯は点滴を抜いたところ。

実はそのお医者さんも、玉ねぎ誤食の処置は初めてだったそうで(ふつういくら炒めたり味付たりしても食べないそうです)、吐かせてみたらびっくりするくらい食べてたそうで。

食べたのは、なんてんだろう、肉じゃがもどき?的な中に入っていた玉ねぎ、の食べ残し。ちょっと目を離したすきにガッツリ食べちゃったみたいで。

で、なんか、吐かせるのにいろいろ手段を尽くしたんだけど、こいつがまた吐かない。らしくて、最終手段、嘔吐の副作用のある麻酔薬を使っちゃうことに。

で、それで吐くのは吐いたんだけど、そうなると今度は麻酔薬が残るわけじゃないですか。

で、実は、そろそろ去勢の時期だったんですよ。そろそろですね、なんて話をしていたくらい。でその時点でお医者さんから電話があって(すごい夜遅くだったのに申し訳ない)、麻酔が効いている間に去勢もやっちゃいましょうか、ってことになって。

GO。

そんなわけで、上の写真の子にゃんこは、立派なオカマちゃんです。わはは。

ってことで今は念のための抗生剤を飲んでるんですが、また例によって薬単体を喜んでむしゃむしゃ食べるんだよね、この猫。そりゃ玉ねぎも食っちゃいます。異食症に近いかもしんない。 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »

ニュースコメント[2011-12-16] from wnyan.jp

2011/12/17

Verizon、LTE対応スマートフォンGalaxy Nexusを発売
これって、スマホとしては世界初のLTEシングル端末じゃないかな?もともとCDMA2000採用のディスアドバンテージを持っていたVerizonとしては、LTEでCDMA2000を完全に代替するという計画を持っていたわけで、と言ってもさすがについこの前できたばかりの最新技術で全ネットワークを一度に塗り替えるというわけにもいかないわけで、当面はLTEとCDMA2000のデュアルしか選択肢はないだろう、なんて思ってたんですけど、あっさりとLTEシングルを出しちゃった。もちろんその端末がNexusなんていう融通の利かない端末だったので仕方なく、という面があるっちゃぁあるんですが、そういう時って、そんな端末を出して狭いエリアをユーザに強制するよりは端末を出さないという選択をするんじゃないかなー、なんて思ってて。そこをあえてNexusを出すという選択をしたところに、LTEに対する本気度が見える気がします。日本でも米国でも、CDMA2000のおかげで後塵を拝する羽目になった事業者はLTE化に相当焦っているという感じですね。[追記]Nexusは3G(CDMA)にも
対応しているはずというコメントをいただいたんですが、Verizonの発表資料・商品ページをいくら見ても対応しているっていう文言を見つけられなかったんですよね。唯一、「LTEと3Gに対応したHotspotモード搭載」っていう一言だけ。それ以外は一貫して「4Gネットワークで云々」。CDMA2000って契約・事業者・端末のくくりつけがややこしくて単にチップがサポートしているってだけじゃ対応できないことが多いんで、これもそのパターンにはまっちゃってるやつかも、くらいに思ってました。一応上に書いたことは完全に誤報の可能性が高いですよ、と断っておきます。Kindleシリーズ、3週連続で100万台突破
Fireが売れてるのは安いからですよね(再確認)。ビジネスモデルとして、端末やネットワークコストは最低限の価格で売って、コンテンツの売上を主たる収入源にする、という形、プラットフォームを一気に拡大する手法としては使い古されたものではあるけどきわめて有効だということがここでも明らかに。おおざっぱにまとめると、「より低位レイヤの商品を格安もしくは無料で提供し、より高位レイヤの商品で儲ける」って感じ。携帯電話でいえば、 …

続きは無線にゃん

ついったーに投稿

Posted in 未分類 | コメント無し »